ムービング・ゴールポスト

せっかく、仕事と無関係の話題を書くのは、今度こそやめようと思っていたんだが・・・
(まぁ、自分の意志で書いている訳だから、他人のせいにはできないが。)

韓国の謝罪要求が、まるでムービング・ゴールポストだ、という比喩があった。うまいこというなぁ。
と思っていたら、トランプ大統領:
「日本が我慢し続けるとは信じ難い」北朝鮮がミサイル発射、周辺国の対応にトランプ氏が苦言
なんだよこれ・・・アメリカがレッドラインを決めたんじゃなかったのか。
そりゃ、日本だって、戦後ずっとアメリカの相手をしてきたんだから、我慢強くだってなるさ。

きっと日本は、ミサイルが領空上空を超えるか、領海内に落ちるかしなかったら、動かないと思う。専守防衛は大切だと思う。この姿勢を変えない限り「日本は軍事的野心が」なんてことは一言も言わせないための根拠になると信じている。

ただなぁ・・・隣国が、中国に、北朝鮮に、ロシアに、太平洋を挟んでアメリカ。

北朝鮮がICBMを開発するか、核実験を実施したらそれがレッドライン、だったか。
ところが、実際にICBMを発射しちゃった。完全に金正恩に足元を見られている。在韓米軍を守れなくなるからねぇ・・・やるならシリアの時のように、予備動作一切なしで、超速攻で一気に仕掛けるしかないだろうけれども、すごいバクチだろうと思う。在韓米軍の安全を守るための措置を講じれば、たぶん情報は漏れる。(何かやりそうだ)とバレてしまったらその時点でおそらく失敗するから、最悪の場合、日本・韓国や在韓米軍を見捨てる覚悟で、ギャンブルで一気に動くしかないだろうと思う。だから、何もできないだろうと、完全に読み切られている気がする。(腹たつよなぁ・・・確かに。)

こうなったら、仕方ないから、レッドラインの方も動かすしかないんじゃなかろうか。

最近、なんとなく朝鮮半島人気質みたいなのがわかって来た気がするんだが(最近の韓国がらみのニュースを見ていたら、金正恩だけが特別じゃないなと、思えて来ただけだけれども)、昨日今日は金正恩は大はしゃぎしているが、いずれ時間が経つと、またムズムズして騒がずにはいられなくなるだろうな、という気がした。おそらくまた、少しずつ小出しに、自分が満足できるように何かをする。「行動を止めさせる」んじゃなくて、「何かをした時に、毎回どうしたらいいか」で対応を考えたらいいのかもしれない。絶対に何かをする前提が必要だと思う。(韓国がゴールを動かしてくることを前提に対応するしかないのと同じだと・・・)

案外効果的なのは、何をやっても好き勝手にさせておいて(ただ、制裁だけは続けて、)論評を含めて一切反応をしない(無視をする)なんてのが、結構(ほとんどコストのかからない)効果的な手段かもしれない。あの人は、無視されるのが一番腹がたつ人だと思う。

中国とロシアが、韓国とアメリカの合同軍事演習を止めるのが先だと主張しているらしいけれども、それは無理でしょう。
例えば、ブータンでは人民解放軍がブータンに居座っているらしいし、インドも何か中国にクレームを出していた、と思う。フィリピンはわからないけれども、ベトナムにしても、モンゴルにしても、尖閣諸島での日本にしても、中国と国境を接している国は、静かにおとなしくしていたら、さりげなく軍隊を居座らせて、それを既成事実にされて国土を奪われるということをかなり経験している。中国が延々とそれを繰り返して来ている以上、今でもあちこちでやっている以上、(自衛隊も、いつかは解散したらいいのにとは思うが、夢のまた夢で、)手を出すならこちらも相手をするという「姿勢」だけは堅持していなければ、中国と国境を接している限り、あるいは、中国を旧宗主国とする北朝鮮などと、国境を接している限りは、軍事演習という選択肢くらいしか、中国の動きを止める手立てはないと、私は思う。この中国と言いたい部分を「北朝鮮」だといっているだけかも知れない。
それならロシアはどうか、って、クリミア半島だとか、もっと遡ればアフガニスタンにしても、似たようなもので、北朝鮮はその方法論の影響を受けているから、この「韓国とアメリカの合同軍事演習を止めるのが先」という議論を持ち出されても、中国を国境を接している国からしたら、無理な要求だと思う。
そういう「空論」で国連を空転させるのはやめて欲しい気がする。要するに、北朝鮮は中国やロシアのスタイルに合わせているだけだと思う。

一つだけはっきりしているのは、ミサイル開発だの核開発なんて、かなりお金がかかるはずで、静観してどんどんとミサイル開発やら核開発やらに金を使わせたらいいのに、なんて私は思ってしまう。
ただ、経済制裁だけは強化していく。どれだけ資金のプールがあるか、兵糧攻めっていうことになるんだろうか。
中国が、対北朝鮮貿易の制限にさほど本気になっていないらしい。それならば、「次に、これかこれを実施したら、鴨緑江にかかる橋を利用できなくする」(インフラとして壊してしまうと、後が大変だから、実質的に使えなくする方法はいくつかあるんじゃないかと思うが・・・)とかを国連で決議してもらい(無理だろうなぁ・・・)いずれにしても、兵糧攻めを徹底的に続けるしかないような気がする。

いや、いざとなったら鴨緑江大橋も爆破しちゃったっていいじゃない。後から日本がODAなどで落ちない橋を作ってあげます、ってことで・・・。かえって、何倍も良くなったりして。

問題は、どこに臨界点があるか、でしょうね。ついに、国内が限界になる(我々は黙ってそれを待つ)か、じっとしていられなくて、北が今度は日本領空とかロシア領空を通過させて太平洋とか、フィリピン海に落ちるようにミサイルを飛ばすか、アメリカとか日本がやるべきことは、具体的なアクションプランを伴って、何をしたらどうするか、アクションを先に決めてのレッドラインを定めることかもしれない。北が動いたらこちらも必ず動く。その覚悟がなければ止められないと思う。

もし、発射されたミサイルが日本の領空を通過したり、領海に落ちたりした場合には、自衛隊はどうするんだろうか。国土でなければ「抗議」するだけで止める?
いっそのこと、ミサイルが日本の領海内に落ちたり、日本の領空を通過したなら、例えば、実力行使で鴨緑江や豆満江にかかる橋を全部壊すぞ、とか、海上封鎖で貨物船の入港を実力で止めるぞとか、日本にとってのレッドラインも明確にすべきじゃないかという気もする。

中国が物流封鎖に協力しないならば、鴨緑江大橋の封鎖は黙認して下さいねと、その程度の事前通告はしておいてもいいんじゃなかろうか。例えば、次にミサイルを発射したなら、国連軍を国境の中国側に派遣してもらって、中朝国境の物流を全部監視するとか、次に核実験を実施したなら、ロシアとの万景峰号就航も含めて、海上封鎖を実施するとか、できることが「経済制裁」しかないとしたなら、それを徹底するだけではないかという気がする。

金正恩もムービング・ゴールポストを使う人だと思う。結局、「次にこうしたらこうする、こうだったらこうする」それだけ決めて、後は、何をやってもいちいち「非難決議」などは出さずに黙々と「制裁強化」を続けていったらいいと思う。
なんてことを考えて見たけれども、私のは「下手な鉄砲数打ちゃ」式の手数の勝負だから・・・(やっぱり、無視するのがあの人は一番辛いはずだと思うんだが・・・)

相手が北朝鮮だけに、いっそのこと日本もね、パチンコ玉とかをレールガンか何かで打ち出して迎撃したらどうかしら。

パチンコ玉はともかく、運動エネルギーは速度の二乗に比例する。レールガンとかなら射出後の制御はできないにしても、手数を打てそうな気がするし、単価も開発費も安そうだし。(甘いかなぁ・・・)
でも、うまい具合に質量を計算できれば、迎撃できたら弾頭の耐熱板を貫通できるけれども、外れた場合には大気圏再突入で燃え尽きる程度の大きさ、なんてのは設定できそうな気がするし・・・(パチンコ玉じゃ、届く前に燃え尽きそうだ。)

レールガンは「攻撃用兵器」なのか?防御に使えませんかね?「これは防御用です」と、安倍総理に決めつけてもらえばOKだとして。
連射が困難なら、本物のレールガンではなくて「なんちゃってレールガン」でも、防御上の実用性さえあるならいいんじゃないかと思うんだが・・・超電導を使うとか、「亜種」は色々作れそうな気がするんだけれども・・・

(そもそも、仕事から脱線して書いているページで、まさかの、終了間際のさらなる脱線・・・)

それにしても、中国、韓国、北朝鮮、ロシアと隣り合う日本。
話題に事欠かないなぁ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です