備えは万全に

来るかな、って、やっぱり来そうな気がする。地下核実験。
最近、右寄りのサイトで姦しいのが日本の核武装で、個人的に、それは絶対に有り得ないだろうと思う。試しに安部さん、そんなことをしたら一気に小池新党が自民党の場所をそっくり乗っ取ると思うな。さすがに、それは起きないとして・・・本題はナス頭の核実験強行だと思う。

前回のミサイル、一つだけ思ったのは、グアムや、西日本が警戒したから、北寄りを狙ったんだろうか。あのナス頭はガキだから、メディアが注目すると、予め予測されたような行動を避ける傾向がある気がする。あの軌道の延長線上には、(地球が丸い、というその直線をグーグルマップでは拾えないんだけれど、たぶん、)カリフォルニアか何かがあるのか?ハワイを狙うなら(手元に地球儀が欲しいな・・・)宮城県上空あたりを通るはずだと思うから、カリフォルニアあたりを連想させて、日本上空を飛ばすことが主目的だったんだろうか。

ぶっちゃけ、私もあれこれ書いてるけど、言いたいことは一つで、「拉致日本人を返せ」とそれだけ。人さらいするわ、人殺しするわ、どっちが「悪の巣窟」なんだと思うけれども、あの国は自分を形容する表現を全部アメリカに被せて来るから、「どっちが」なんていうのは気にする必要もないのかも知れない。「あ、あんたがね」と一言返せば、それで、北朝鮮以外の全ての国が納得する状況になってきた。でしょ?

中途半端なあのミサイルの落下地点。あれは、ただ日本の上空を通過させて、発射することが目的だった訳で、アエロフロートがどこを飛んでいようが、中東の海運会社の船がどの辺にいようが、そんなのは無関係で、ミサイルを発射すればそれで気が済むっていうメンタルだったんだろうと思える。どこに「当たるか」なんて考えてもいない、そんな発想すらなかった。あれはもう「意表をつく」ことが最大の目的で、他にはなかったことを本人がわざわざご丁寧に主張してくれた。(どの発言かは、わかる人にはわかる、ってことで。)そこで、ミサイル発射に世界の目が向いたところで、核実験を強行しようと、注目を集めることしか考えていないガキ。だったら逆に、あのガキが核実験を強行した際のシナリオを描き切って、もし核実験を強行したら国連ではこう対応する、アメリカはこうする、日本はこうする、それを公言しておいたらいいと思う。次の一手を読まれて待ち構えられたら、その一手は打たないのがあのメンタリティだと思う。ついでに、ミサイルの着弾点についても、グアム近海ならこう、日本海の西寄りならこう、東寄りならこう、日本上空を通過してあの辺ならこうと、全部シナリオを描いて突きつけておいて、その上で、あのナス頭に選択させたなら、あの小心者のナス頭はきっと、ストレスが溜まって寿命を縮める。

そうこうして、当たり障りのない場所に着弾するミサイル発射を繰り返せば、いくらバーゲンミサイルだとは言え、翼賛支持層の忍耐の限界を超えさせられるという気がする。いや、案外あの国の民間人はタフみたいで、「闇経済」が国民生活を支えて、国家経済と切り離されているらしい。それで餓死が激減した。それはいい傾向だ。もうあと5年か10年とか、現状のナス頭体制が持ちこたえたら、その頃には闇市場で銃火器が出回るかも知れない。ロシアや中国が絡んでいますからね。そうしたら、その銃火器が○×を△□にして※@の*$が実現するかも知れない。ここが目指すべき、現在の状況からの胴体着陸の目標地点の一つかなぁ。

「最悪の状況」っていうのは、「動き」がないことだと思う。「動き」さえあるならば、こちらに知恵がある限り、事態を好転させられる。その過程で、切り捨てても支障のない相手が浮かび上がって来るから、それは切り捨てたらいいし、日本の取るべき道筋は、とにかくまず日本のためであり、日本の友好国のため(少なくとも、反日を掲げていない国のため)であり、友好国に最大限の配慮を払いつつ、あのナス頭を追い詰めたらいいと、僕は思う。

日本共産党も朝日新聞も、あのナス頭絡みの話題にはコメントが少ない。今はとにかく、手数が大切。的外れであってもいいから、ヨイショでもいいから、あのナス頭を撹乱するのに、「反米」を掲げるメディアとか政党が、なんでもいいからナス頭に言及することには、とにかく絶対的に意味があると思う。
軍事力に頼らないとしたら、心理戦しかないとは思いませんか?いや、経済戦とか、技術戦とか、他にもあるかも知れないけれども・・・金をかけずに、言葉の商売をやってる共産党とか朝日新聞には、日本人の拉致被害者のために何か、あのナス頭を撹乱するような言葉を発して欲しいと願う。言葉っていうのは面白いもんで、根拠がなくたって、受け手はそれなりに考え込む。だから「凶器」になる。新聞とかマスコミやなんて、その「凶器」としての特性を知り尽くしているだろうに。

とりあえず今は、あのナス頭が依怙地になるくらいに、「もし核実験を強行したら、我々はこうする」というポリシーを片っ端から「表明」するのが効果的だと思う。。いっそのこと、ギャグでもなんでもいいかなとすら思う。あのナス頭の弱点は「馬鹿にされること」だと思った。このインターネットの時代、言葉を発するだけなら誰でもできる。いわゆる「いじめ」ですね。(やってはいけないことだとは思うが、相手次第かも・・・)相手が「武器」を持ってるからできないって、逆だと僕は思っています。丸腰の相手に武器を振りかざす人間を嘲笑うことができるのは、丸腰の人間だけだと思う。そして、その「嘲笑」すべき相手はあれ、っていうノリで、書き続けていますが・・・