中韓

そうかと思った。ニュース配信。
中国が難民キャンプの準備をしていて、朝鮮半島全般の空域を確認しているのならば、それは戦略的に正しいという気がする。「仮想」の相手が誰なのかは、あえて書かないが。
韓国が未知数。本質的には、今回は中国が韓国の味方になるはずだけれども、それが理解できるかどうか。瑣末なことにばかりこだわる韓国が、中国の大意を読み解けるとは思えない。本来的には、韓国が中国人民軍の航空機が韓国領空を飛行することを容認(あるいは黙認)することが最善の結果につながるような気がするが、たぶん無理、としか言えない。日本も、中国も、自国の「最大損失の最小化」に必死のゲームの盤面に乗っていると思う。韓国はよくわからん。あの国は事実も現実も見ようとしていないから、この際判断基準から除外するけれども、中国人民軍が戦略的に必要ならば、日本の領空・領海を通過することも可能とする(最悪、事後承諾の黙認をできる)くらいの軍事的な協調は必要だと私には思える。それくらい、切迫していると思う。というよりも、ようやっと、「拉致被害者の帰国」に結びつく具体的な動きが起きる気がする。ここまで壊さなければ、自国民を取り戻せないほど、国際的に何一つ機能していないのがあの国の現実だと考える。それと同時に、私たち日本人が同胞を自国に取り戻そうと思う限り、本質的な弊害(あの一族bの主系)を排除する以外、他に手段がないと思えることが限りなく哀しい。利害関係が対立していて、かつ、聞く耳を持たないならば、他に手段がないのかも知れない。

ロシアは当然反発するだろうと思う。日中の抱える「核汚染」の危機感に、あの国はあえて目も耳も閉ざした上で、あのナスの養護を掲げると思う。それがプーチンの戦略だという気がする。言わせてもらえば、所詮プーチンは「世界平和」なんていう視野を持っていない。よくて自己保身だと思う。あのナスを活用するのがせいぜいだと思う。だとしたら、今回は、日中で最大限に協力して、プーチンの干渉を最小に抑えるしかないと思える。プーチンの発想ならば、極東が核に汚染されても、ウラジオストク程度はたぶん見捨てる。モスクワには何の影響もない。確信犯で、それをやらせてしまう技術を供与していると思う。

今は、日本にとってアメリカも頼れないと考えるべきだと思う。トランプはおそらく米兵の安全しか考えない。というよりも、米兵自身が自分の安全しか考えず、金のために仕方なく極東に出向いている、そうした意識が大半だと想定すべきだと思う。(そうでない、日本や韓国のためにと考える人もいるだろうけれども、極めて少数派だと思う。)アメリカも日本も、今は民主主義の時代だ。当事者の意識が主体。何もアメリカに求めるなと思う。
ロシアは、戦略的にしか極東を考えていない。状況に応じて、すぐに捨てる。
必然的に、極東の核汚染は、アメリカにもロシアにも、大した問題ではない。自国民を引き上げることだけが最重要課題なだけだと思う。(極めて個人的には、そうやって、沖縄からも日本本土からも、米兵が自国に引き上げることは歓迎する、)残された、というよりも、住む土地がここにしかない日本は、同様の中国と最大限の協力態勢を取って、「最悪の事態」の際には、中国国軍機が日本の領空を通過しても「事後承諾」程度で容認できる関係を早急に構築すべきだと思う。中国を信じないのは申し訳ないけれども、「北朝鮮による核攻撃の危険性が除外された際」には、「この緊急措置を解除して、中国軍機による領空侵犯は撃墜することもあり得る。」という「平常状態に戻す」という確約付きで、今は、中国人民軍を信じてもいい時だと、私は思う。日本も中国も、北朝鮮の周囲に国民が住んでいる。
(中国も韓国も、日本が主体的に軍事行動を想定することを懸念しているだろうとおもう。だったら、日本は主体的には関与しない。だから、中国人が自国民の生命を賭して中国軍機を飛ばして極東の安全を安全を担保するために活動することを、日本は容認すべきだと思うけれども、我々は、主体的には一切軍事行動を起こさないことを、(それが、外観的には日本人が一切命を賭けていないように見えたとしても、むしろそれは、中国や韓国が我々に求めていることだと理解してもらった上で、)我々は、中国人が命がけで朝鮮半島情勢に臨む姿勢を容認する、という姿勢を貫くべきだと、私は考えている。

なんてことを考えてしまったニュース配信があった。