ストレス太り

成績報告の締め切り直前。課題のプログラムを読み続けている。
普通だったら、サラッと読むところが、途中でデッドコピーのプログラムを三組ほど見つけてしまったもので、(誰が書いてもほぼ同じになる部分がある一方で、普通は個性が出てスタイルが変わる部分がある)結局、全部を結構丁寧に読む羽目になった。課題を要求している13回分の合計本数が一人42本で、途中脱落した学生もいるものの、60名くらいは最後まで残っているから、合計でプログラム2500本くらいか・・・

テストランの画面の雰囲気や、使われている変数名の癖、特徴的な関数定義などを覚えてメモっていき、似たようなプログラムがあったら遡って照合する。何やってるんだろう、俺・・・たぶん、残り1000本を切っているんだけれども、締め切りがあるから、時間との戦いになってきた。もっと学生を信じたいんだけれどなぁ。プログラムを書くよりも、こちらの方が疲れる気がする。「工期」を読み誤った。

こうなると、やたらと糖質が欲しい。甘いもの、炭水化物が欲しくて仕方ない。減らしていると、途中で気力が萎れてくる。昨夜食ったお陰で、今朝も朝一からパワー全開だ、やるぞぉって、気付いてみたら4kgリバウンドしていた。なんてこった。

わかっちゃいるのに、昨夜も日付が変わってからとにかく炭水化物が欲しくてお握りを一個食べた。ヨメがライザップのカレーのレトルトがあるよ、とか言うので「もらう」と一言。お握り崩して、ライザップ・カレー。食べ終わってもまだ落ち着かない。ヨメが言うには、「もう一つあるよ。ライザップのカレーだから、きっと食べれば食べるほど痩せられるんじゃない?」と・・・なるほどぉ!そりゃ、ありがたい!って、そんなはず、あるかい!

いいです。もう後は、激太り覚悟で食いながらとにかく期限に間に合わせる。