トレインレコーダ

新潟の事件、解決したらしい。
一本前の電車の運転手が、車を目撃していたらしい。近隣の方々、安心しただろうな。

タクシーなんかには、ほとんどドライブ・レコーダがついているらしいから、事故にしても事件にしても、画像解析すると何か見つかることとか、あるんだろうな、と思う。電車は、追突事故とかはないにしても、かなりのスピードで、かなりの範囲を移動する訳だから、電車が通過する時間帯の周囲の画像を、電車用のドライブレコーダのようなもので記録しておくと、結構「捜査情報」として役に立つんじゃなかろうか。正面や背面だけではなく、左右に向けての画像も記録しておくと、「動く目」としては結構な監視能力になるような気がする。ついでに言えば、都会だとバスの側面とかにレコーダをつけてもいいだろうし。いっそのこと、公共交通機関を全部「動く記録ポスト」にすれば、犯罪の抑止力にもなるんじゃないかな?なんてことを、ふと思った。

いや、監視社会は嫌ですよ。でも、公共の場だったなら、普通は「他人に見られることを意識して生活している」はずだから。家の中とかは、話が別。「のぞき」は、良くない。公権力だとしても、認められないとは思うが、その話は別。