習慣性アルコール中毒

TOKIOの山口さんだっただろうか。
「酒のせいにするな」という声があったけれども、あれも痛いニュースだった。僕も、この「習慣性アルコール中毒」に該当すると思う。もう40年近く、だろうな。ニューギニアにいた頃すら、そうだった。現地の人に”Em i man bilong spak.”(あいつは酒飲みだ)と言われていたし。任国がイスラム圏だったら、違った自分がいたかもしれないけれど、こういう「もし」は意味がない。

師匠の講演会。アルコールは厳禁だと何度となく言われている。理由はいくつかあると、頭では理解している。アルコールが入ると「意識体」そのものが麻痺してくる。脳だけではなく「意識体」そのものが影響を受ける。それに、お酒を飲んで「いい気分になる」その肉体的な快感を求める習慣というのが、良くない。肉体的なものや物質的なものに何らかの「重み」とか「依存性」を持ってしまえば、その分本来意識体が持てる「ヒトとして持つべきエネルギー」の部分が減って、結果的に肉体を抜けた時に軽くなる。(この辺、もしかしたらカトリックとかイスラムよりも師匠の求めていることは厳しいかも知れない。)人間関係を構築する上で、必要だと自分で判断するなら、仕方がない部分があるにしても、それでも「私はお酒を飲みませんから」と断れば済む話でしょう?ということもある。
じゃぁ、タバコはダメじゃないの?師匠も喫煙者だけれども、別にタバコを吸っても意識体そのものは全く影響を受けないし、師匠の場合には上位の意識体からの意識を受け取るのに、タバコは一向に支障がないのに対し、アルコールが入っていると、ほんのわずかでも上の意識が受け取れなくなる。らしい。なるほど、と、頭じゃ理解しているんだが・・・

師匠には、明らかにバレバレなんだけれども、そこはそれ、「あくまでも自分自身で、ダメなものはダメだと判断しなさい。それが出来ないなら、勝手に落ちなさい」という、師匠の講演の「総論」での基本中の基本の部分で、あーしろ、こーしろと命じられない分、かえって辛い気持ちはある。

最悪なのは、自分自身の「意識体」が麻痺していると、「魔が入る」ことがある、という理由だろうか。実は数日前に「やっちまった。」飲んでいるうちに、過去の辛い思い出のようなものばかりが吹き出してきて、凄まじくネガティブな気分に陥った。過去の様々な出来事での恨みつらみが(一度は消化したつもりだったことまで)吹き出しかけたあたりで、「あ、魔が入った」と自分でも気づけた。滅多にないことではあったけれど、今の心のどこかに魔を誘い込むタネがあったんだろう。
普通だったら、そこそこアルコールが入っていても、(量さえ間違えなければ)論理的にもミスのないプログラムだって書けるし、文章がくどくなる傾向は否めないものの、一応は筋の通った文章だって、書けているのに。あ、「魔が入った」と自分で気付けたというのは、どっちだろう。今までは魔が入っても、自力では気付けなかった?

40年来の習慣。浪人時代を抜けて大学に入った頃、とにかく何をやっても親とか誰かに「認めて」もらえたことがなかった。オール5の成績を取っても絶対に褒めない親で、努力をやめればうるさく責める。恋愛だってうまくいったことなど一度もない。早稲田の理工だったから十分だろうって、第一志望ではなかった。自分を責めてばっかりの中で、酒を覚えて、アルコールが入るとすごく楽になった。それ以来ずっとの習慣。何とかやめなきゃ、と思い始めたのは、師匠の講演会に通うようになってからだった。
頑として、日が上っている間、外が明るい間は飲まないというルールだけは守り続けている。自治会のお祭りとかでは、適当に周囲に合わせているが、それ以外は日中は飲まない。
ただ、夜になって一日分とか、過去の記憶が吹き出してくると、もう一人でいると耐えきれなくなる。

僕は、いわゆる「鬱陶しいやつ、くどいやつ、しつこい奴」で、何だか変だと思ったら、特に仕事の関係だと、うるさいくらい文句を言うタイプで、黙っていることが出来なかった。当然、人間関係はそんなに潤滑じゃなかった。50代になって、最初から「どうでもいい」と思えるようになって、ようやっと「文句を言う」と言う行動パターンが抜けた。それでも、人間関係は難しい。師匠の講演会で、「様々な人との人間関係を学ぶ、それは肉体を持たなきゃ出来ない経験だよ」と、それを理解していても、露骨な敵意を向けてくる人がいると、激しく痛い。過去に何人も、一緒にいるだけで、露骨な敵意を感じてしまって、苦痛なくらいの人と知り合った。本当は、今でも一つずつ思い出して消化しなけりゃならない記憶が、未だに痛みを伴って思い出される。(今やっておかないと、たぶん地獄に持ち込む。)仕事関係だと、結局はそういう職場には居られないんだけれども。

もう一つは、知り合って間もないうちに、やはり明からさまな敵意というか、拒絶を激しく投げて来た相手。何とか、自分をわかってもらいたい、などと、もがけばもがく程、おかしくなったりする。過去の人生を振り返って、いかに自分の「人間関係」の導入部分が下手くそだったか、かなり自分なりに理解はして来たつもり、だけれども・・・。そうこうするうちに、自分の中で頑丈なシャッターが降りてしまって、はっきり言えば、自力ではもう、どうにも出来ていない。条件反射的に、相手が何も言わなくても、相手が「拒絶の言葉」を投げて来るような感覚を持ってしまって、一緒にいるだけで苦痛を感じる相手がいる。こうなると、もうどうしようもないんだけれども、毎日顔を合わさざるをえない相手だったりすると、どうしていいのかわからなくなる。どうして、最初の3〜4年の「そういう言い方はやめてもらえませんか?」という、こちらのお願いに耳を傾けてくれなかったんだろうか。もう、どうしようもない。

かなり、過去の自分の生き方の「過誤」を見つけて来たつもり、なんだけれども(師匠から厳しく言われている。いわゆる「反省」で自分を責めてはいけない。自分を責めればエネルギーが小さくなる。そうではなく、自分のどこに間違いがあったか、それを気づかせてくれた相手に、感謝しなさい、と。それができれば、相手も自分も、責める思いがなくなる、と。)、頭じゃわかっちゃいるけど、自力ではどうしても、この壁が壊せない。自分を守るな、という理屈もわかるんだけれども・・・あぁ、言い訳だ。
これも、課題なんだろうなぁ。盗聴や盗撮にも、結局は勝てなかった。最後はメンタル的に潰れた。あの頃は、一日でウイスキー1瓶くらいは空にしていた。今はもう、仮に今も続いているとしても「気にしない」ことで、なんとかなってはいるけれど、「課題を克服」出来たとは思えない。
でも、シラフで満員電車に乗るのなんかも、嫌だ。怖い。逃げてるけど、無理な気がする。

僕の母親のように、ただひたすら無関心ということなら防壁を作ることもなかった。お互いにただいるだけの存在だったと思う。必要に応じて、普通に会話はできた。いい思い出もあまりないけれども、悪い思い出もあまりない。ただ、敵意を剥き出しにして来る、そこまでいかないにしても、歩み寄ろうとしても激しく拒絶して来る相手、いい加減に自分も叩かれ過ぎて、ブロックが下ろせなくなってしまった相手に、自分がどう変わったらいいのか、やはりわからない。やりきれない時の逃げ場は、40年来変わっていない気がする。あぁ、もう逃げっぱなし。だけど、「あなたって、僕が何を言っても否定して来るよね」って言ったら、間髪を入れずに「そんなことはない」とかいう返事を返す人だったりするから、逃げる以外に他に方法があったんだろうか。

師匠の講演会の話題。やはり、書き続けたいな。全世界に発信し続けたい。毎日のニュースを見たり聞いたりしていて、「これは絶対に書かねば」という話題は絶えない。ようやっと、総論は書けた。あとは「各論」だ。この「各論」が難しい。断片的な伝え方をすると、誤解を招く。だから緻密に伝え続けたい。伝わり方が間違っていると感じたら、修正をかけたい。それは出来る気がする。
幸いなことに、師匠は「肉体の脳」で理解できる言葉で講演をしてくれているから、「意識体」が麻痺していても、他の人の「脳」に訴えるように伝えることは、プログラマの、あるいは教員の自分の経験から、たぶん出来るとは思う。

だけど、こんなダメダメな自分が師匠の言葉を伝えていて、いいんだろうかという自戒の思いは、ないはずがない。破門されるのも、時間の問題か。

もう、思い残すことは何もないけれど・・・(いや、ここ数ヶ月、この意識がベースにあるから、魔が入りやすくなってる。頭じゃわかっているのに・・・)決して鬱状態ではないんだが・・・

よかった。明日は授業がある。