時間対効果

朝鮮半島の非核化だとか、日本にミサイルが飛んでこないことの検証には、かなりの時間がかかる気がする。

コスト対効果、という考え方があるけれども、最も短時間に効果を出すために「最善」ではないとしても、何をすれば「最短」でそれなりの結果/効果が得られるか、「時間対効果」という視点も時には必要かも知れない。(有限会社シグナリスは、慢性的にこの判断に陥っているけれども・・・)

北朝鮮にとって、最も短期間に経済的な支援を獲得する方策として有効な手段の一つに、「拉致問題」を解決することによって得られる日本からの支援があるんじゃないか、という気がする。無論、北朝鮮がそう思わないなら話は別だけれども。

今後の展開として、中長期的には、日本からの投資も受け入れて、日本企業が北朝鮮で経済活動を行うような場面もあり得る。一気にそういう展開になったんだろうか。ただ、そうなった時に、前回の「拉致被害者帰国」の際のように、人骨ではない骨を送ってくるようなことがもし今後あったなら、そもそもがビジネスを行うような「信頼関係」は成り立たない。日本側が「北朝鮮はそういう国だ」と思えば、何も前には進まない。「信頼関係」ほど大切なものはないような気がする。

そもそもが、「なぜ拉致事件が起きたか」などは、金正恩氏の責任ではなく、金日成氏、金正日氏の時代の話であって、金正恩氏には「私は、この事件が起きた点については、無関係だ」と言い切ることができる立場にあると、私は思う。だとしたら、日本が、今更「北朝鮮」という国家の「過去の歴史的な責任」を蒸し返さない前提で、今現在、北朝鮮側が把握し得る限りの情報を日本に提供し、帰国可能な日本人がいるならば帰国させる、という措置を取ったならば、一気に日朝関係は改善する可能性があると思う。より具体的には、日本からの外務省関係者の派遣を受け入れて、その日本人官僚派遣グループが納得できるように現地踏査に同行して、この方の死亡は確認されたが、この方は帰国できる、と、日本側が納得できるように「拉致問題」を完全解決して欲しいと思う。それが出来れば、かなり短期間での日本からの「緊急支援」は可能になるんじゃなかろうか。

一方で、真逆のシナリオがあるとも思う。歴史問題は、厄介だ。日韓基本条約は、なんだか存在しなかったことにされてしまっている気もする。条約なのに。北朝鮮も同じ立場を取るんだろうか。もし、この条約が存在しなかったという立場を取るならば、日本側の拉致被害者や関係者の方々にとっては悲痛な結末が待っている気もするが、同時に、日本から北朝鮮への支援など一切行われないということは、日本人の国民感情として理解してもらう必要はあると思う。

日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約

もし、北朝鮮がこのシナリオ(日本は、一切朝鮮半島に賠償をしていないという立場)を選択するのならば、少なくとも「非核化」がIAEAなどによって(過去の「失敗」も考慮しつつ)今度こそ完全に成されたと結論付けられ、日本が「今後は、北朝鮮からミサイルが飛んでくることはない」と、決定的に納得できるまでは、経済封鎖も解除されず、当然、(少なくとも、日本からの)経済支援なども成されない、という展開もあり得ると思う。それなったら、経済制裁の解除に最短でも数年、場合によっては10年とか、かかっても、納得してもらうしかない。

こう言っちゃなんだけれども、日本人は「バカ」です。オレオレ詐欺を見たらよくわかる。「困ってるんですよ、お願いです、助けてください」とか言われると、つい真に受けて、お金を出したりする。それは肉親に限った話ではなく、「騙されている」ことがわかっていても、生活に困窮しているならば、金を出してやろうという方々は、戦後も数多くいらっしゃった。それが日本人の血脈だと僕は思っている。僕がこの国を大好きな理由の一つ。トランプなんかには、きっと理解できないだろうな。

もう一つ、加えて書くならば、「有限会社シグナリス」が会社として成立できたのは、いわゆる「在日」の方の企業から仕事をいただいたおかげだと、自覚している。仕事を通じての「結果」を僕は出せなかった。その方、その会社には、本当に申し訳ないと思う。その方、その会社に直接的にお返しはできないかもしれないけれども、日本に住む「在日」の方には、広い意味で恩返しができるならば、したい。何よりも、日朝関係がお互いの「信頼」に基づいたものになること、だけは、心から願う。

メンタル的には、極めて弱い私。当時は、盗聴・盗撮にも結構悩まされて、滅入っていた。逃げ場ばかりを探していた。高校受験(東京学芸大学附属高等学校の外部受験)に願掛けして、合格できたお礼で「高麗神社」への参拝を欠かさなくなった、あたりが、妙に公安関係の疑いの目を引き込んだ、なんてこともあったんだろうか。だって、毎年何があったって高麗神社には行っていたから。何が悪かったのか、僕にはわからない。いずれにせよ、盗聴・盗撮に苦しめられた頃は、仕事に集中するコンディションを作るのに、いつも四苦八苦していた。逃げてばかり。酒、ゲーム。

で、今はと言えば、実は4月の半ばから、肺炎を起こしていた気がする。専門学校の学生に、「授業でわからなかったことがあったら、自由に書いて」と言って毎回の授業でコメントもらっていた、その欄に、二週連続で「お大事に」とか「無理しないでください」とか書かれてしまった。(ありがとう。涙が出るくらい嬉しかったです。)それくらい、慢性的にひどい咳が止まらなかった。松尾くんが5月の連休中に会社に来てくれた時も、「咳が尋常じゃない」とか言われた。で、この「肺炎」の原因は、タバコじゃないです。

実は、自分だけ寝室を別の部屋に移した。両親が使っていた部屋に、一人だけねぐらを移した。それが4月の頭。ふだん換気していない、昔雨漏りがあった後、10年以上放置していたこともあって、かなりカビ臭く、しかも、私のスーツやらコートやらの「公的な」衣類のタンスでは、誰かが用意したこれでもかっていうくらいの「防虫剤」の匂いがあって、部屋中にカビと防虫剤の香りが充満していた、そんな部屋に、わざわざ、私だけ、寝床を移した。ところが、一ヶ月もそこで夜寝るようになってから、だんだんと咳がひどくなった。肺が痛くなった。5月の下旬にどんな感じだったかは、たぶん、専門学校の学生が目撃している。それで、風邪薬とか飲みながら、熱っぽいので風呂にも入らず、梅の実を採集するのに汗をかいて、汗疹の予防で薬を飲んだ後に、(もともとボーッとしていた頭が、さらに)ぼーっとして来て、三脚の足をきちんと確認せずに、落ちて、救急搬送される、なんていう事態に陥った。(情けない)

流石に、この肺の状態は自分でも何かおかしいと思って、ようやっと6月に入り、医者に診てもらった。胸部の直接レントゲン写真。お医者さんに「いつ肺がんになってもおかしくない」と言われた。っていうことは、一応は、肺ガンじゃなかったんだ、とまずは一安心。ちなみに、昨年の私の定期検診での肺の間接レントゲン写真は、かなりきれいだったから、タバコが原因なら、いきなりこんなに爛れるはずはなくて、これは、部屋のカビとかが原因の肺炎だと自己診断した。仕方なく、「家庭内家出」をやめて、しぶしぶ、嫁の隣の元々寝ていた部屋に戻ってから、一週間。
ネット通販で海外から買った抗生物質(ビクシリンのジェネリック?か、カンピシリン)と、L-カルボシステイン製剤が効いて来て、ようやっと、肺の炎症症状が収まりつつある。いざとなったら、ロキソニン(抗炎症効果を期待)も使おうかと思いつつも、なんとか二種類だけで、かなり体調が戻りつつある。今週一週間は、まだ肺炎のダメージが消えずに残りそうだけれども、今日はほぼ、8割方、復調しています。ようやっと、頭が働きつつあって、仕事になりそう。2ヶ月ほど、ロジックを組める感じでは頭が働かなかった。来週には、服薬も卒業したい。

親父が死んだ後、僕が今回の「家庭内家出」で夜眠った部屋で、お袋は親父の死後2年後に、肺ガンで死んだ。これほどのヘビースモーカーの私が、肺がんにはなっていないのに、潔癖症で、私を毛嫌いしていたお袋が、肺ガン、っていうのは、皮肉だと思ったけれども、今回よくわかった。親父とお袋の寝室は、今カビがひどい。僕ですら体調を崩した。親父が亡くなって、気力を無くしたお袋が、ろくに換気もせずにこの部屋にいたなら、体調を壊すのは当然、という気もした。とりあえず、タバコが原因じゃないと体感できて、一安心。

今回は、僕自身激しく体調を壊したし、それでなくても多くの方々に、ご迷惑をかけながら生きている。コンディションさえよければ、僕を活用してもらったら、結構結果を出せるような気がするのに、と思いながら、なんだかなぁ・・・頭数としてしか期待されていないような気もする。でも、頭数でもいい、自分にできることは、しっかりとやり遂げたい。

「有限会社シグナリス」が会社として成立できたのは、とある「在日」の方の会社のおかげです。少なくとも、僕はその恩は忘れたくない。

「直接的な責任」を持たない相手に、昔の話を蒸し返して、ゴチャゴチャ言い合うのは、やめませんか?「拉致」があったとしても、それを命じたのが金正恩氏でないならば、金正恩氏を責める事はできないと思う。