アイヌ語

日本の地名には、アイヌ語起源が少ない、と以前何かで読んだ。
北陸、島根、鳥取、近畿の地名でも、アイヌ語で解釈するとそのまま地形を表現するものが少なくなく、アイヌの方に地名を聞いてもらっただけで、それはこんな地形でしょうと答えてもらったその描写が、そのまま当てはまるケースが多くあった、と、何かで読んだ記憶がある。例えば、能登半島の能登。あれもアイヌ語起源だと読んだ記憶がある。別の場所かも知れないけれども、「せり立った山が海に落ち込む場所」という意味を、数文字の地名で表現している場所もあったと記憶している。

該当する地名は、関東にも、東北にもある。四国は知らない。不確かな記憶だが、確かそう読んだ。もしかしたら、縄文文化と弥生文化のせめぎ合いが何か関係しているのかもしれないけれども、僕にはわからない。

DIG(Disaster Imagination Game)の、講師の方が、「地名に気を配るように」とおっしゃっていた。例えば僕の住む自治会町内の地名の「蟹沢」は、通常の住所に出てこなくても、昔から使っている地名。沢ガニが住む渓流が流れている、と言えばそれも当てはまるけれども(但し今は、ドブとも言えるかも・・・)「蟹は、ハサミを持った生き物」というニュアンスを解釈すべきだ、というのは、歴史とか文学というよりも、言語学なのか人類学なのか、考えるべき対象だろうと思う。(すいません、いつどこで何を読んだのか、あるいは読まずに妄想しているのか、自分でもよくわからない。)

厚真町?アツは、今ちょっとググったら、Attusiで「オヒョウの木の皮の繊維で織った布、着物 」とか出て来たけれども、言葉には「語幹」があって、その配列で意味が形成される。さすがにちょっとググっただけでは無理かと思ったけれども、北海道に多くあるアツで始まる地名、厚岸とか、厚真、まだあったな、思い出せないけど、もうちょっと語源を辿って調べると、昔からの災害の歴史が地名に刻まれているんじゃないかと思った。いや、厚岸の地名、確かにアイヌ語の解釈の意味を聞いた記憶があって、なるほどこの地形か、と感銘した記憶がある。なんだろ、これはタモリさんに聞くしかないのかなぁ。思い出せん。ボケた。

いや、この意見は僕の意見じゃなくて、誰かの借り物だと自覚しているけれども、そうした主張をされていた学者が、確か何か本を書かれていたと思う。(使えねぇページだなぁ・・・。あれね、説明するのに、「あれを、こうして、チャチャっとこうすると、あれがピヨーんとなって、そこをパパパっと片付けると、あれがこうなるんだよ、わかっただろ」みたいな説明。通じてねぇよ、ってな話だけれども・・・)

そう言えば、「君の名は」の映画に、アイヌのカップルが描かれていたな、と思い出した。なんて書くと、「そうそう」というのは、僕以上に、ジジイ、ババアです。「何それ、『君の名は』の映画に、アイヌ人なんて出てる訳がない」っていうのは、若い人。なんか、その間に中央構造線みたいなギャップがあるよね、とは思う。どうでもいいけど、あの「君の名は」でのアイヌの方の描写、あんまし好きくない。

なんの話でしたっけ、って、地名をアイヌ語で解釈して見たら、もっと日本全国の地名を見直して見たら、ってな話題でした。昔の人が鳴らして来た警鐘を、地名もろとも、僕らは無視している、そんな気がする。