平成35年

早々と免許更新を済ませてきた。平成35年まで有効、となってた。

考えてみれば、平成年号の場合も突然だったから、人によっては昭和66年くらいまで有効の免許を持ってた人とか大勢いたはずで、世間に「こういうものだよ」という共通認識があれば全然問題にはならないんだろうな、と思った。

ダイソーで来年のカレンダーも買った。もはや和号は入っていない。こうしていずれ、和号も形骸化するのかもね。なんだかもう、要らなくない?

情報屋さんたち、大変だろうなぁ、と他人事のように・・・

願わくば、ライブラリとかプラットフォームが賢く変換してくれて、何も考えずに最新版をダウンロードして更新をかけたら、勝手に新年号が表示されるようになりました、と、なっていますように。

夏時間ほどではないにしても、2ヶ月前の発表?何考えてんだとは思うけれども、夏時間が震度8クラスだとして、和号の対応も震度6強くらいのインパクトはあるんだろうか。

平成35年だって、平成40年だって、いいじゃない。それくらいの寛容が欲しいな。まず、役所がそれでも書類を受け付けることが何より大事だと思う。帳票系はやたらと手間がかかる。

バカな政治のおかげで、現場のプログラマがバタバタと倒れる、なんてことがありませんように。
合掌( -人- )