訂正 >> 心霊現象

さっそく、リアクションが来たような気がする。この部分。

少なくとも、直接師匠の講演会を聞いている会員の皆さんは、そこを目指してください、と、そういうことなんだろうか。師匠のように「会話」が出来なくても、相手の話す「意識」がクリアに受け取れなくても、こちらからの「想い」が届くとしたなら、「悪想念」ではなく、「辛かったでしょうね、でも、上にお帰りください。」という愛を注げば、浄霊はできるはず、だと、私は理解している。

これは、僕の理解の誤り。詳細に霊と対話ができなければ、「実在界」(霊体さんたちの世界)の仕組みをきちんと理解して、説明できなければ、「浄霊」は出来ない、と講演でおっしゃっていた。
何か、指摘されたような気がして、そんな記憶を掘り起こした。前後の関係する部分に、全部修正をかけます。

この話題、書いてしまった後、何か思い荷物を下ろしたような気がして、ようやっと久々に、目の前の仕事に集中できる気がした。

それだけ、「誤り」があったら結果が重い気がする。特に師匠の講演会の根幹に関わる部分だけに、普段だったら「訂正」は出しても、本文は「原文」のままにしておくんだけれども、このページだけは、何回でも、何十回でも間違いがあった箇所は修正する。「心霊現象」として書いたページ単体で「誤りがない」状態にしておかないと、問題が大きすぎる。

いや、好き好んで落ちるつもりはないので。


余談ながら、これは本論と関係ないけれども、師匠は手を当ててのヒーリングにも、浄霊にも、一切お金は取らない。私の考えは、お金を取るのは「商売」だからで、見えない、知らない人の無知につけ込んでいるだけ、だと思う。
その師匠の言葉を伝えたい私のページにも、一切広告は貼り付けていない。そこは、お金のために生きているのか、目的があるから肉体を持っているのか、そこの違いだと、私は思っている。