カジノ

今朝、車の中でちょこっとだけ聞いたNack 5。朝の番組。日本全国ひろし旅だったかな?大阪万博決定は、関西圏では結構盛り上がっているらしい。
関西圏は今は慢性的に宿泊施設不足で、ビジネスで出張する人もなかなか直近の宿が取れない状態が続いているらしい。海外からの観光客を受け入れるのに、民泊が活況だとか。
ぶっちゃけ、思った。これ以上、どうやって人を受け入れるんだろうか?

東洋経済のニュース配信だったかな?どこで読んだか忘れたけれども、日本に決定的に不足しているのは、「超高級ホテル」らしい。一泊数十万円、スイートだったら一泊100万円クラスの「超高級ホテル」が日本には、ない、って書いていたんだか、海外と比較して圧倒的に少ないって書いていたんだか。細かいところは忘れたけれども。

ビジネスで考えたなら、今あるホテルの何ヶ所かを、そういうホテルにグレードアップしたり、あるいは、新規に建設するホテルをそういうクラスにするとか、そういうのを勧めていた、そんな記事だったと思う。読んだのは1年くらい前か?カジノ法案が(あれ?成立したんだっけか?)話題になっていた頃、だった気がする。

いっそのこと、そういう形で海外から日本にお金を落としてもらう、っていうのは、アリかもと思った。いや、受け入れ数の「絶対数」は増えないけれども、雇用創出、需要創出には、決定的に効果があるな、とは思った。リスクは、原発事故とか、自然災害でのインフラ破壊などで、一旦観光客が激減したら、致命的なんだろうな。でも、ある意味でビジネスはギャンブルですからね。
そして、カジノも、そういうホテル内で、主には宿泊客中心、だったら、いいんじゃないか、なんてことも思った。今日本にないもの、らしいし。宿泊客以外がカジノに入場する際には、50万円くらいのデポジットを打ってもらったりして。それができるんなら、いいんじゃないかな?貧乏人は、そういうところに行っちゃ駄目だと思う。日本人で、どうしてもカジノを経験したいなら、マカオでもラスベガスでも「観光」に行ったらいい。国内では、海外から来た金持ち相手、だけにして欲しいな。
そして、彼らが「日本」を堪能して、豪華な旅行を経験したいなら、そういう選択肢も提供し、しっかりと日本にお金を落としてもらう。リスクはあっても、リターンは大きい選択肢かもしれない。ギャンブルそのものか。

発想の発端は、溝畑宏さんの番組だった。話題が逸れた。今日は一日中「防災訓練」で頭がいっぱいだった。唐突に、午前中のラジオの話題を思い出した。
関西圏でどうやってこれ以上の訪問者を受け入れるんだろう、なんてな疑問だった。住民を5%くらい追い出して、そこを宿泊施設として解放する、なんてどうかしら?なんて書きたかったんだけれども。
案外、関西圏よりも、沖縄とか、北陸とか、北海道とか、地方の方がメリットが大きいかも。

埼玉はなぁ・・・そんなん、作るったって、どこだんべ?秩父?

コメントを残す