現場実習

反対するなら、文句を言うなら、代案を出せ。
それは絶対に思う。それが出来ないなら、(せいぜい、ネットでボヤくだけに留めて)表立って発言するのはやめろ。それは確かに思う。ただ、ネットでボヤくだけだって、貴重な「少数意見」だったりする訳で、決して意味がない訳じゃないとは思うが・・・クソみたいなアイディアしか出なくても、それがベースで別のアイディアに繋がることは、いくらだってある。あらゆる感情、あらゆる思考を捨てたらいけないと、個人的には常に考えている。(実際、かなり馬鹿げたアイディアも、書き残してはいる。死ぬ前には、ってか、次に繋がったら、全部焼却するけど。)でもなぁ、「反対のための反対」みたいな国会運営は、見ていて情けないし、なんだかすごくモヤモヤする。もう見たくねぇ。

中国の方達にとっては「悪夢」みたいな時代だったかも知れないけれども、かつて、毛沢東による「文化大革命」の頃の中国では、大学に入学するためには、1年以上地方の共産党組織の下で、たぶん主には農村部などで農業実習とか「労働」を行なって、共産党地方組織の推薦がなければ大学入学資格が得られない、そうした制度があった、と、何かで読んだ気がする。正確な記憶じゃない。ただ、今生きている方々にも直接関係する程度に新しい中国の歴史で、そうした「時代」があったのは間違いないと記憶している。
この制度、ある意味で「有益」なんじゃないか、と言う気もしている。

国家公務員の卵、あるいは、卵から国家公務員になった人たちを、高校の同級生でも、本郷の居酒屋でも、結構な人数知っているけれども、会話をしていて現場の泥臭い話をどれくらい理解しているんだか、と、感じることは何度もあった。(でも、10回はない。)個別には全部はすぐには思い出せないけれど、その会話をした時の状況を思い出せれば、きっと会話の内容も全部出てくる気がするんだが、ダメですね。歳のせいか、記憶力が滅茶苦茶衰えてる。

毛沢東の地方組織推薦制度、結構、いいやり方なんじゃないか、とふと思った。日本の国家公務員でも、省内手続きとか、仕事の流れを理解し始めた「2年目」とか、あるいは、民間で言うところの「課長」クラスに昇進する要件として、とかで、例えば、厚生労働省ならば、「介護福祉」の仕事の現場で、下働きの研修を半年くらい行う。例えば、経済産業省の役人ならば、中堅以下の製造業で営業職か何かの業務を(無論、実習中であることをを伏せて)実習として行う。例えば、農林水産業の役人ならば、中規模程度の専業農家で、(繁忙期のスポットでもいいとは思うんだが、)2ヶ月程度実習するとか、文部科学省ならば、普通の小中学校に「臨時教員」として(身分を伏せて)勤務するとか、そうした「受け入れ先」は、地方公共団体とか地方の商工会とか、そうしたところの助言を得て、後々「癒着」の原因にならないように(これが一番、「制度」として反対が出そうな部分かなぁ)注意深く準備して、現場実習を受けさせる。
自治会の仕事をしていて、あちこちで挨拶して言葉を交わして感じたのは、「町役場」には県庁からの「出向」がいる。県庁には国家公務員の「出向」がいる。なるほど。既に、そうした発想はある訳だ。(常識でしたかね?研究・開発系だから、あまりこうしたことには縁がなかった。)だったら、役所に留まらず、もっと「下」まで降りて来てくれ、と思う。

現場を知らなかったら、まともな行政判断なんて出来ないでしょうが。書類を出されて、「面倒臭いなぁ、また仕事が増えた」なんて頭で判断されたら、現場はたまったもんじゃない。一旦、その書類を出す側の、あるいは陳情する側の立場に身を置いて、しっかり経験してから、どうしたらいいか考えてくれ、と思う。
どんなアイディアが出るかは分からないけれど、実際にそれを経験しなかったら、まともな行政は出来ないとも思う。

僕らの感覚で言えば、ハードウェアなら、実際に試作回路を組んでみて、動作を確認する、ソフトウェアなら、そのプラットフォームで簡単な試作アプリを組んでみて、開発性能とか使いやすさの感触を試す。とにかく実際に試してみなければ、何も分からない。ところが、現場のことを何も知らない人間が、机上の論理だけであれこれと決める。これは危険すぎる気がする。その「危険性」に振り回されないように、例えば、商工会議所だとか、経団連だとかが政府に圧力をかけて来たんだろうけれども、そんな生易しい、回りくどいやり方だと、「変化の激しい」時代には通用しないんじゃないか、と言う気がする。

若い人たちの「感性」に賭けるしかない、と思う。20代の入省間もない人たちを若いと言えるのは、「本郷時代」からそうだったけれども、「課長に昇進する」レベルの30代とか40代を指して「若い人たち」と感じるようになっちゃったのは、いかに自分がジジイになったか、ですね。でも、みんな馬鹿じゃない。そもそもが、国家公務員試験に合格した人たちだもの。足りないのは、現場の経験だけじゃないか、と思う。そして、足りないのは、ずっと本質的でディープな体験なんじゃないか、と、すごく感じた。

なんだか、モヤモヤする。ずいぶん前になるけれども、あれが武器輸出三原則を、閣議だけで廃棄した時は、かなり「来た」。その後ももう、平和とは何か、そんな議論をすっ飛ばして、自衛隊の海外派遣の「法整備」を進め、あれやら、これやら(中略)、いや、それなりに仕事も忙しいからニュースなんて「水面」に出たものしか見ていないけれども、あっという間に「移民法」が成立した。
たったの2ページ分だけれども、噛みついた以上は「具体案を出せ」ってなことになるんだろうと、自覚しているから、「頼むから、こうして欲しい」と言う自分なりの具体案を書いてみた。

役人でも政治家でもいいから、海外からの実習生を受け入れている現場に、現場の人間として仕事をしてみてから、制度の詳細を決めて欲しいと思う。

以上