問題解決! << wiringpi

動いた。良かった。丸2日で済んだ。

Raspberry Pi 3 / Raspbian / Python 2.7の環境

原因は、昨日の段階では、configでSPIをenableしなかったこと。これはすぐに分かった。ドキュメントをよく読まなかった。
それでも動かなかったのは、僕がPython3で走らそうとしていたこと。Python2でなければ、wiringpiのパッケージが正常動作しない、ということを確認した。
intとバス幅の関係か?深入りしないけど、たぶんその辺かも。不思議なことに、C言語のライブラリが全く正常動作しないのに、python2だと動いた。C言語のライブラリは、忘れることにする。

複数あったサンプルコードのうち、一つはwiringpiの戻り値の型が化けまくっている。ラッパーがおかしい。結局、PiPyADC-master.zipから展開したコードだけが、正常動作してくれた。いや、他のも、僕の使い方がおかしいだけなんだろうけれども。ソースが全部辿れるので、組み込み応用には、かなり助かる。

wiringpiのソースも読ませていただいた。C言語で書いたライブラリを、pythonから呼び出す、あるいはrubyから呼び出す。テクニック満載で、すごく勉強になった。また、PiPyADCのコードも、すごくプロフェッショナルで、こちらも大変勉強になりました。オープンソースにして下さった方々に、大感謝。PiPy漬けでした。

クラクラする。血圧測ったら、180/96mmHgだってさ。ヤバい。運動不足。タバコの吸い過ぎ。そろそろ日付が変わりそうだけれども、風呂入って寝る。少しは血圧が下がることを期待。
長生きしそうにないね。いや、もう十分に生きた気はするし、思い残すことも特にはないけど。