Gradle

Android Studioを使うなら、Gradleも、ってことか。

自己レス。

一つコケて、そこから原因を辿っていくと、最後の最後にとんでもない「そもそも、ここからやり直せ」ってのに辿り着いたりする。はいはい、わかりました。頑張ります。ボヤキつつも、自己完結しちゃった。


そもそも、っていうならば、なぜ「文書起こし」の仕事をわざわざお金を出して、発注して下さったのか。現行のシステムをメンテナンスするにしても、更新するにしても、コードの内容が把握できていなければ、出来ないから。だとしたら、目的は「メンテ」とか「システムの更新」とか、そっちでしょうね。だとしたら、新しい環境で再コンパイル出来なければ意味がない。新しい環境に、どんどんと追随させられなければ意味がない。だとしたら、Java 1.6を使えるようにする、なんていう選択肢は有り得ない。だとしたら、1.6を使わざるを得ないパーツそのものを更新して、新しくしなければ意味がない。だとしたら、そこのコードを書き換えればいい。

Gradleを使うのはアリだとして、「そもそも」っていうならば、古いツールを使っているコード部分を、ごっそりと書き直す、というのが「正解」なんだろうな、という結論にたどり着いた。

なんなんでしょ。木を追っかけているうちに、森を見失ってた感。だって、1.6だもんなぁ。こういう時間の無駄遣い、嫌だなぁ・・・もったいない。こっちの自己完結は、たぶん、正解だと信じたい。信じるしかない。