Java 1.6

どこで見たか思い出せなかった。インストールからやり直してたら、これを見つけた。

親玉: https://developer.android.com/studio/install?hl=ja

Mac で Android Studio を利用する際に JDK 1.8 を使用していると、安定性が低下することが知られています。これらの問題が解決されるまでは、古いバージョン(JDK 1.6 以前)の JDK をダウンロードすることで安定性を改善することができます。

こいつかぁ・・・ 大元が1.6を要求してるんだったら、もうどうしようもない?

Java 1.6 のruntimeをダウンロードすることはできたけど、SDKが入らなかった。それでもいいのかなぁ・・・ダメでしょ?たぶん。
と思っていたけど、Gradleの同期がうまくいった。解決されたの?

Android Studioのトラブルシューティングの「診断」機能が見事だった。ブーブー言われたメッセージを見ていたら、原因の一つは、ADTをたどるPathに空白があったこと、のようだ。空白のあったMac上のパス名をCamelStyleに変更して、インストールをやり直した。(snakeでも同じだろうけど。)今回はトラブルシューティングのリンクをクリックするたびに、状況がよくなる。最終的に、ビルドまで全部通った。
\^o^/  \^o^/

その代わり、Path名を変えちゃって、コケるツールがどこかに出てきそうな・・・

いいんです。こういう「借金」は、全部未来の自分に押し付けちゃえば!
コケたらコケた時にスクリプトを修正すりゃ、何とかなるでしょ!

出先でも仕事をしたかったので、MacBook AirにもAndroid環境を構築した。(なんせ、東武東上線では、一日2.5〜3時間は、改札の中にいますからねぇ・・・)僕がMacBook Airを手放せない理由の一つ。

もう何度も書いたけど、ってか、何度も話しているけど、総武線快速、八幡宿で電車に乗って、東京駅まで仕事をしたかったから、せっかくグリーン券を買って、座って、Windows PCを立ち上げた途端に、「更新」が始まっちゃって、ついに東京駅まで何もできないまま(教材が仕上がっていないまま)授業に臨んだことが、何回かあった。機嫌が悪いと、千葉駅で電源を入れたのに、操作できるようになった時には船橋駅に近づいていた、とか。錦糸町あたりでハーバーネーションをかけないと、東京駅までにPCをしまえない、とか、もう辟易していた。
ところが、MacBook Airは、Sleepではなくシャットダウンされた状態から立ち上げても、7秒で仕事が始められた。あの時の感激が忘れられなくて、以来、仕事は全部Macに移した。(最近だいぶ重くなったが。持ち主と一緒か。)

9月の半ばから手つかずのままフリーズしていた仕事が一件、ようやっと前に進む。あとは、TDM(時分割多重)のオーバヘッドをギリギリまで小さくして、私自身の分身の術を完成させるだけ!?単価を上げられないから、手数で攻めるしかないもんなぁ。

今年の「初泥沼」も、何とかなった。もう少し先に進めたら、次は、レポートの採点かなぁ。その次は、制御系Python。その次はRailsのWEB。仕事の気分転換に、別の仕事をする、という、理想的な状態!あはは!(意味不明なハイテンション)

ブログも貴重な息抜きです!