よくある話

今日は朝から、大野勢太郎さん。ここのところ、ラジオを聴いてると集中できない系の仕事が多かったので、無音が多かった。土曜日なんだよなぁ。ラジオの番組で、時間や曜日を体感する学校のない長い休み。授業がない時は、プログラミングの稼ぎ時で、純粋にプログラミングの時は無音がいい、だから、逆にラジオが聴けない、という状況だけれども、今日はレポート採点を一気に片付ける!数分おきに別人格の書いている文章やプログラムを読む状況だから、ラジオから流れるヒトの声が邪魔にならない。むしろ捗るかも知れない。不思議な感じ。

会社にいた頃は、バグに悩んだ時は誰かに相談したらいい、という解決策があった。その誰かに、バグの潰し方を教えてもらうため、ではなくて、相談するために順を追って説明していくと、説明しているうちに自分でミスに気づく、っていうのが、割とよくある話だった。今は、そうやって相談する相手がいない、けれども、こうやってブログにアップするために順を追って「やってきたこと」を辿っていると、不思議と「あ、あそこで変なことやってた」的なことを思い出したりする。これも、ブログの効能だったりして。なんか、味をしめて来た。

大野さん、「老害となるキャラ」を自認しているらしい。三遊亭鬼丸さんもそうだけれども、結構攻めてるもんなぁ。公共放送でギリギリ、ってか、時々超えてるような気もするけど、そこがまぁ、売りなんでしょうね。結構、あちこちのブログで、突っ込まれてるみたいだけど。どっちも予定調和にならないとNack5のヘビーリスナーとしては、寂しい。寸止めして欲しいね。

ラジオは聴視率で広告収入も変わると思うけれども、私のブログは広告のリンクが一切ないし、弾けすぎると自分に返ってくるだけ。ただ、まぁ、何かしらこうやって、「世間との接点がある」的な刺激は、ラジオもそうだし、ブログもそうだし、あり、ということでいいかな。なんて思う。

さてと、今日は採点!