派生的な影響

日付が変わったのに、現在もお仕事中。正確に言えば、コマンドを叩いたのが遅すぎたから、時間のかかる処理の応答が返ってこなくて、加えて、マシンの応答が鈍くなりすぎて(わかってます、4つくらいタスクを立ち上げたから・・・)それを待つのに、することがなくて、駄文を書き始めた。

テキストエディタは、軽くていいね。オペレーティングシステムの授業をやってた頃に、学生に何度も行った。「EmacsかVimは、使いこなせるようになれよ。そういうコマンドは、最悪の場合、オペレーティングシステムが起動しなくても、起動用ファイルの修復に使える、不可欠のツールだから。システム復旧を担うような立場になるなら、絶対に覚えておけ」なんて言いつつ、実はVimではなくて、MacのMiで書いてるけど。

夕方、NHKのラジオで言っていた。「外国人労働者の受け入れに伴って、日本国内で、外国人の子供たちの不就学が増加している。国は、地方自治体に全部押し付け。」いや、性悪説には根ざさない。悪いことをして生きようとする子供なんて、生まれてくるはずがない。ただ、生き抜くために、どうしようもなくて悪いことをするようになる子供は、たくさんいる。そう思う。(Ass Holeの糞には、絶対に理解できない)海外のそうした現状を知らない役人が、目先の「外国人受け入れ」に走って、派生的な影響を考えない。日本の場合、犯罪に走らなくても、仕事はある。その結果、日本国内なのに、小学生の年齢の外国人の子供が、工場で働いて、月収十数万円、なんていう話をNHKで流していた。犯罪に走らない、走らせない、それだけ仕事があるのはいいことだとして、じゃぁ、小学生の年齢の子供が教育を受けずに、もしかしたら日本語も話せずに、製造業で仕事をするって、何なの?それでいいの?と思う。日本国憲法は、外国人の教育には言及していない。憲法の改正が必要なら、こっちが先じゃないか?それなのに、安倍総理は軍事ばかり。政権政党の政治家の「あるべき姿の希求」への、感覚の絶対的欠落が、嘆かわしい。

安倍総理の仕事は、業界団体の言いなりが基本。軍需がらみは、全部軍需産業の言い分を丸呑み。それで、武器輸出三原則をあっという間に閣議だけで潰して、日本を武器輸出国にした。アメリカがトランプになってからも、アメリカの軍需産業の言いなり。弱みを握られてますからね。貰うもの貰っちゃったから、仕方ない。金を握ったおかげで、弱みを握られた。本人は、キンタマ握られてる気分なんだろうなぁ。気持ちいいのかね?気持ち悪いのかね?ゴキブリ総理、もとい、5期ぶり総裁。モリカケ、統計不正、何にせよ、隠し事が多すぎる。「外国人労働者受け入れ」だって、日本人の労働者の労働環境すら本気で考えているとは見えない団体の言いなりだから、その子弟の生活だの、受け入れた外国人の待遇だの、本気で考えてるとはとても思えない。等閑、ただその一言。子供たちが可哀想だって、それ以前に、社会人でも孫請けレベルの僕らだって、十分に可哀想なクチだとは思うんだが。仕事の単価を上げたくたって、潤沢な資金のある中小以下の製造業なんて、どこにあるの?それでも、IoTだの情報化だのに対応するのに必死。僕には子供はいないから、単価はいくらだって下げられるけれども、だけど、一応はプロだから、もう少しリアクションのいいマシンで、せめて15万円くらいのハイスペックなコンピュータで仕事をしたい。
と、言いつつ、コンビニなんかで盛んに学生募集しているどこぞの大学では、専任講師の年間の研究費が10万円で、その中から、高校への営業訪問の交通費やら、その際の名刺代やら、全てを賄えってな感じだったから、自力で仕事の環境を構築できる自営に戻ったのは、たぶん正解だし、どうにもならないのは、僕の実力不足、自己管理力不足、なんだろうな。仕方ない、頑張ろう。体が壊れることも、もう怖くはない。後は、行けるところまで行くだけ。

「武器輸出三原則の廃止」にしても、(流石に「核兵器三原則」までは廃止していないけれども、)「外国人受け入れ」とか、あれや、これや、その結果どうなるという「派生効果」をあまりにも、考えていなさすぎる。というよりも、派生効果まで考える能力がない。目先、「支援団体」の言いなりになれば、政権は安定する。あの人は、日本の将来よりも自民党政権の持続、自民党所属政治家の「飯の種」しか考えていない。目先、業界団体の言い分を聞くことで、「このように、皆さんの言い分を聞いて、その通りにしました」と、それを成果に唄うばかりじゃないか、という気がする。
麻生元総理の失言なんて、わかりやすい気がする。あの人、「受け入れた外国人の子弟」がどうなろうが、日本の政治の管轄外だと思っている気がする。失言聞いてりゃ、よくわかる。そもそも、日本人の貧乏人の生活感覚なんて、「なんで俺が、そんなもん気に掛ける必要がある」ってな感じで、言葉の端々に、それしか現れていない。なんで、あんな政治家を選ぶんだろうか。利権主義だろうな。ぶら下がって、陳情すれば、横車を押してでも金儲けができる。地元の選挙民なんて、それしかないのか、という気がする。それが、安倍や麻生を選んだ選挙区民の人間性の限界か。(悔しい、キレのない毒舌。)

トランプを選んだアメリカ国民は、馬鹿だと思っていた。鉄鋼に関税をかければ、アメリカの自動車業界に致命傷を及ぼすくらい、普通に考えていたらわかりそうなもんなのに、「それがアメリカの自動車業界のため」とばかりに、実行しちゃうんだもの。このままトランプなら、いずれ、「アメリカブランドの自動車」を残すために、欧州や日本にアメリカの自動車業界が、ぶら下がるんじゃないか?
メキシコ国境に壁を作れば、不法移民を根絶できる?どういう発想だろうか。例えて言えば、床の上に一面、ゴキブリホイホイを敷き詰めれば、ゴキブリを根絶できる、ってな発想だろうか。ゴキブリに羽があるのを、絶対に理解できてない。ちょっと学習したら、上の方から出てきて、直接食い物に辿り着くと思う。ゴキブリの場合ですが。
あんなのを、大統領に選んじゃうんだから、とも思うが、日本の場合も大差ない。安倍総理の施策、波及効果を考えていないものが多すぎる。現場でそれを処理する官僚も、たぶん今は昔と違って、日本のことなんて考えてもいない。自分の退職後の年金とか、天下り後の、「2年いただけで、退職金数千万円」みたいな外郭団体の給料だとか、その程度の意識しかない人物が、大量に採用されているんだろうか。「官僚集団」という組織の自己防衛に最適な人物(=目先の金になるなら、国のことなんてどうでもいい、悪いことでも平気でします、的な人)に、つい目がいっちゃって、採用したりするのかも。自分はそうじゃない、と思うなら、どんどんと内部告発したらいいのに。もっと波風立てろ、と思う。大丈夫。馘首になって、退職金すらでなくたって、月額数万円で、100円ショップのおかげで、そこそこ「豊か」な生活をしている人は、いくらだっているから。政治のおかげで、そういう生き方を見つけた人は多い。
しかも、田舎に来たら、食うには困らない。「生きている実感」が欲しいなら、それだけは得られる気がする。

もう遅いんだろうな。消費税還元のポイント制度だとか、あれやこれや、武器輸出三原則と同じで、騒いだって、どうにもならないのか。安倍は、強引でしかないから。

ひどいのは、泉佐野市か?本来、別の自治体が「正当に」納付されるはずだった税金を、横取りする、それだけの施策だと思う。「還元」というのは耳障りはいいけれども、それだけ行政が使える「ネット(正味)」が減る、ということだと思う。そうした、ネットの目減りを覚悟してでも、財源に乏しい自治体が、自分たちの工夫次第では財政を整えられる、それを狙った制度なんじゃないか、と思うけれども、アマゾンなんて、あまりにもあざとい。制度の悪用としか思えない。自分さえ良ければ、それでいい、それでアマゾンを儲けさせてでも、かつ、日本国全体としての「税収」なんて知るか、泉佐野市さえ良ければそれでいい、でしょ?泉佐野市も含めて平均すれば、明らかに目減りする。トランプ並みに、「公共」という発想を欠いた施策だと思う。

もっと、もっと、「派生効果」とか、「マクロな視点」とかを、(もう、トランプとか、泉佐野市とか、いい歳して枯れかけて、理解力とか良心とかに期待できない人たちは別にして、)若い柔軟な、次世代の日本人には、「自分がこれをしたら、大きい視点で、こういうメリットがあり、一方で、(ここが大切だけれども、自分以外を含めたマクロでは、)こんなデメリットもある、」と、そういうことを、しっかりと学んで欲しい、という気がする。
教育こそ大事、なんて言いつつ、ぶっちゃけ僕自身も含めて、疲れたら手抜きするからなぁ。

って、なんだか十数分前に、(あの、スローなマシンが)処理を終えて、コマンドが入力待ちになってた。
あまりにも、あまりにも、やるせなくて、書きたいことがありすぎて・・・
もっと、視野を広げようよ・・・ってか、日本ではトランプみたいなのを、選挙で選ばない程度に、賢くなろうよ、なんて思う。

それはそうと、マシンに金をかけられないなら、体力と気力で仕事をする。やっと、応答するようになったもんね。他人はどうでもいい。頑張る。

コメントを残す