Electron

Raspberry PiのmicroSDの複製を作成するのに、Etcherが便利、らしい。調べて、インストール。

そしたら、「Electronのプラットフォームで作成された」らしく、いや、待てと。Electronって、どこかで目にした。調べてみたら、GitHubの一味か?

https://electronjs.org/

ChromiumとNode.jsを使っており、HTML、CSS、JavaScriptのようなWeb技術で、macOS、Windows、Linuxに対応したデスクトップアプリケーションをつくることができる。(WikiPediaより)

いつ頃から?Version 0.1のリリースが2013年、ネットの記事は2015年頃から。火がついたのは昨年あたりから?そうか、まだそんなに「時代遅れ」でもないのか。
(追記:わかった。いや、十分既に「時代遅れ」です >> 自分)

Ruby on Railsや、Python on Djangoは、MacOSでもWindows, Linuxでも動作する。でも、これらは純粋なサーバアプリだから、用途によってはElectronがいいのかも。これは、回避できない。

さてと・・・

「いつ見ても疲れた顔してる」あ、そうでしょうか。実際、気分的に相当疲れてるかも。Moving Goalpostじゃなくて、Sprung Goalsだからなぁ。モグラ叩き。「使いこなせていない新技術」が、また一つ増えた。


その後、ネットサーフィンして追記:

Apps built on Electron

With Electron, creating a desktop application for your company or idea is easy. Initially developed for GitHub’s Atom editor, Electron has since been used to create applications by companies like Microsoft, Facebook, Slack, and Docker.

Electronで開発されたとされるアプリケーションのリスト:
Skype, GitHub Desktop, Figma, Flow, Beaker Browser, Hyper, Kap
Now Desktop, Insomnia, Svgsus, Simplenote, Collectie, GitKraken
Ghost, WebTorrent, 1Clipboard, Discord, WordPress.com, Caret
JIBO, Visual Studio Code, Kitematic, Slack, Atom

いや、このリスト自体、試しておかなきゃと思うのがあって、手が出ていないというのに・・・。こういう考え方って、良くないよなぁ。最先端のものにすぐに飛びつく。あんた、どーゆーミーハーなんだよ >> 自分

なんて思いつつ、「知ってるよね?」「はい、名前は聞いたことがあります。」「ってことは、使ったことはないんですね?」これは怖い。でも、振り回されると一つも身に付かない。優先順位が大事、なんだろうなぁ。

で、どこから手をつけます?
それはもう、確実にお金になる仕事から、でしょうが!何を悩んでるんだ >> 自分

でも、焦る

焦る、焦る、俺たち。流れる冷や汗もそのままに・・・