テーマ展示

朝飯の時間が決まっていない。もうちょっと稼いでいたら、朝は決まった時間に、ガストとかでベーコンエッグ+トーストか、半熟卵でTKGにして・・・。
現実には、朝からラーメン。朝からラーメンってのもなぁ・・・。任意の食事が、ラーメンか、蕎麦か、パスタである確率が70%以上みたいな気がする。しかも日によって朝食も夕食も数時間って単位で前後にシフトする。どなたかのご都合次第、気分次第だからなぁ。朝は、決まった時間に食べたい。グチグチ・・・

テレビをつけて見たら、スッキリだったかな、「3年A組」の富田望生ちゃんって子が出ていた。役作りで、2ヶ月で15kg増量ってのがすごい。役次第で、太るのも痩せるのも自由にっていうのが、信じられない。役者魂かぁ。すごいよなぁ。で、食事休憩で「今日のごはんは豚骨ラーメンで、富田さんは最初から替え玉を・・・」なんてテレビでやってた。そのラーメンの出前、っていうのがページの主題。あれ、どこからケータリングしたんだろうか。バイパス沿いの台湾ラーメン?駅前の天龍さん?そう言えば、池田の踏切のとこにも台湾ラーメンがあったなぁ。

ロケは、埼玉県小川町の旧上野台中学校でしょ?番組も結構話題になっているらしい。扱っているテーマも、世間の興味にかみ合っているのか。(最近の日曜日は、あの放映時間にもまだ事務所にいたりするからなぁ。たまにしか見ていないけれども・・・)

せっかくですからねぇ。番組が終わってからも、旧上野台の校舎の一部分に、教室を三つくらい確保して、例えば、一つは「3年A組」のテーマ展示、とか、もう一つには、「ロケ弁」でケータリングに使ったお店から「出前」できるような「出前食堂」にしたり(事前に予約してあれば、待ち時間なしで食べられます、的な感じで)、あるいは、「三代目清水屋のおからドーナツ」なんてのは、簡易自販機販売、なんてこともできるかも。(清水屋さんの社長の許可なく、勝手に書いてます。小学校からの同級生だけど。)もう一部屋は、小川町とか比企郡、近隣紹介、なんてのはどうでしょうかね。小川町だったら、世界遺産の細川紙?酒蔵めぐり?穴八幡?(いや、列挙しようと思ったけど、案外、これと言った決定打がないかも・・・)あと、花和楽の湯とか?笠山登山?お隣、堂平山の天文台、玉川温泉も捨てがたい。嵐山渓谷はBBQ可。秩父高原牧場は東秩父村(埼玉県唯一の「村」)?皆野町?どっちだ?細川紙の紙漉き体験?ときがわ町の西平にある木工品の直売所なんてのは、案外穴場だと思うが、一応小川町ではなくてご近所。お隣とは言え、寄居町とか江南、川本方面が、いま一つ詳しくない。ごめんなさい。

話題になってる番組のロケ地、だったら、仮に「一過性」だとしても、乗らない手はない、そんな気がする。テーマが「自殺」だとか「いじめ」だとか、「教育制度」だとか、あれこれ含んでいるのならば、そう一朝一夕では本質的な問題は解決しない。だから、テーマの「パネル展示」などを行なって、「考えさせる(なんでしたっけ?Let’s think!だったっけか?)」テーマ展示を行うことは、あながち無意味とは思わないし、アトラクションではなく、ただ静かに、そこに「展示場所」があり、車で来た時に無料で休憩できる場所があり、そんな感じの場所を、廃校になった中学校の一角に用意して、シルバー人材センターかどこかから、一人か二人だけ「管理人」に日替わりで常駐してもらう、そうした仕掛けを用意するのに、そんなにコストはかからない、そんな気がした。

なんてことを書いてみても、行政はきっと「校舎の中を勝手に徘徊されたら困るから、施設全体をロックアウト」みたいな感じなのかなぁ。何か、いい工夫はないだろうか?せっかくチャンスが降って湧いているのに。今のところ前髪が見えているけど、後ろから見るとつるっ禿げかも知れないのに。