福島県沖の魚

房総半島から東北にかけての沖合では、親潮と黒潮のぶつかる潮目が、季節によって南下と北上を繰り返していて、いい魚が取れると理解している。

当時、3.11の後、いわき市出身の学生にボソッと、「しばらく光りものが食えなくなるかなぁ」とボヤいたら、そっちか!みたいな感じで苦笑いしていた。いやぁ、生活が大変になるだろな、ってのは十分に理解はしていたけれども、コトが深刻であればある程、軽く受け流す癖がありまして、申し訳なかった。理解してない訳じゃなかったんだけど。

現在、基準値を超える魚は出荷しないように、厳密に管理しているらしい。あたしゃ、イワシもアジもサンマも、大好物ですからね。回転寿司では、マグロとかハマチじゃなくて、最初はまず光りもの。いきなりケーキを頼む誰かよりもマトモだと思ってる。

まず、日本国内で普通に受け入れるのが先じゃないかな。風評被害からは、まだ十分に回復してないと思う。
でも、こんな美味いもん、わざわざ海外に輸出することはない、と思うな。食いたきゃ日本に来たらいいし。