と金

歩は、相手の陣地に入ると「と金」になって、横にも動けるようになるらしい。
将棋については、駒の動かし方と、この程度のことしか知らないけど。

歩と歩が真ん中辺で隣り合って、これから何か始まるのかと思っていたら、そのまま動かない。
片や、後ろから、飛車やら角やらが効いてるとアピールしてるみたいで、それはまだわかるとしても、もう片方は、全部の歩を前に一つ動かすみたいな、素人目にも訳のわからんことをやってる。いずれにしたって、何か構想があるようには見えない。

どっち道、前に進むしか動けない「歩」だという自覚がどちらにもないのか。

「と」と「金」が直接会って話をしたからって、それで「と金」になれる訳じゃないのに。前に進める覚悟がない、っていうよりも、展開について何の構想も持ってないのか。
自分は取られる覚悟で、他のコマを活かす覚悟で、それぞれが相手の陣地に入ったら、どちらも「と金」になれるのに。器っていうか、所詮は「歩」か。