ゴジラ映画

ゴジラはもう、破壊しまくる人類共通の敵。

それはさておき、ふとした錯覚かもしれないけれども。
ついこの間のニュースを聞いていて、対イラン制裁の話題だったか、なんだか、中国とインドとイランが一枚岩になったような錯覚に陥った。日本政府は別だろうけれども、日本の経済界もそれに近いんじゃないだろうか。
加えて、対中国制裁の関税引き上げ。株価の下落で損失を被る人たちの中に、アメリカ人やアメリカの企業は、どれくらいいるんだろうかなぁ。そうした自国の損失も顧みずに、世界を一つにまとめあげる力量があるトランプ大統領ってのは、もしかしたら、ものすごいポテンシャルの持ち主なのかもしれない。
もしかしたら、イスラエル以外の、イラン、サウジアラビア、インド、パキスタン、中国、日本、韓国、ロシア、EU、トルコ、北朝鮮、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、カナダなどなどを、共通の利益でまとめ上げるだけのポテンシャルを秘めている、アメリカ史上最高の大統領かもしれない。それだけ多くの国々に「共通の利益」を見出せるだけの存在たり得るトランプ氏は、すごい。

表題に何を書いたか、忘れた。