アメリカン・ヒーロー

映画の予告編に食指を伸ばすと、ついハリウッド映画も多くなるけれど、一つ前にも書いたかなぁ、マーベルのあのアメリカン・ヒーロー・シリーズ、スーパーヒーローの活躍っていうのが、ただ腕力を奮うのと破壊するのと、そんなのばっかしで、アメリカのスーパーヒーローっていうのは、なんだか、スーでパーなだけな気がする。いや、日本語の語感での表現で、すみません。どうしても、トランプに被ってしまう。スーでパーな大統領。
こんな私でも、ご本人を前にしたらきっと、「あなたって、本当にスーパーな方ですね」とかなんとか、ヨイショするとは思うが。(私にそんな機会があるとは思えん。古坂大魔王さんに、この一言、言ってもらいたかったな。)

本質的にトランプは有色人種を見下している気がする。立場上、安倍総理にしても習主席にしても、礼儀だけは守っているように見えるけれども、白人が中心の欧州とアジアとでは明らかに基本姿勢が違う気がする。もっとくだけた言い方をするなら、アジアを舐めてる。

ちょっと話が逸れる。
最近、あちこちのシステムダウンの話題をよく聞くけれども、とにかく開発の頭数を揃えての人海戦術なんていう気がする。たぶん、「不測の事態」に備えた細かいトラップを入れている余裕がないんだろうと思う。
数日前、教科書に掲載するプログラムの説明で、i==0 (iが0と等しい)とするのが一般的な「判定式」なのに、僕はi<=0(iが0以下)という判定条件を書いた、その説明を追記した。論理的には、i==0が終了条件なのだけれども、マシンが暴走したらどんな値をとるかわからない。「暴走させない」ことを考えたなら、この不等号を入れることで、少なくとも、そのロジックの部分ではマシンのフリーズを回避できる。「論理的にはあり得ない」けれども、「不測の場合には危険性がある」から、それを回避しただけの不等号で、その説明を教科書に書き込んだ。
学生の書くプログラムを読んでいて、こういう「万が一を想定したロジック」なんていうのは、わからないんだろうなと思って、教科書にこれを書いた。組み込み系のソフト屋のサガです。何があっても暴走はさせない。落雷なんかでサージが入ると、ビットが書き換わるなんていう現象は普通に起きる。そういうことを意識しないソフト屋がほとんどだと思う。だから、割と簡単に落ちるシステムが乱立してきている。まだ、チェックインのシステムだからフライトのキャンセル程度で済んでるけれど、これが原子炉の制御だの、航空機の管制システムだのだったら、どうなることやら。いずれこういう事故は急増すると思う。

今日やっていたニュースでは、トランプは、イランが「常識的な対応」を取ることを想定して、あえて挑発しているという解説があった。僕もそう思う。そもそも、イランは何も「合意への違反」をしていない。濡れ衣を着せられて、怒りも半分、困惑が半分という感じじゃなかろうか。だから、トランプはアジア人を舐めてるんだってば。気にするなって言いたいけれども、経済制裁されたら、黙ってもいられないだろうし。手始めは、同じく有色人種が多いメキシコやら中南米だった。次は中国で、今度はイランか。将棋で言えば、全部の歩を一つずつ前に進める、それこそが最良の手だと信じている、それがトランプ。それを見越して、すかさず擦り寄った安倍総理は、甲乙丙丁で言えば、乙くらいだったのかもしれない。バカはヨイショするに限る。(話が逸れるなぁ。)

現実の戦争には至らない、だからそのギリギリまでは脅しをかけて、国内向けに「スーパー大統領ぶり」を発揮しようと、そういう魂胆なんだろうと思う。ただ、仮にイラン政府が抑制的な対応を取ったとしても、現場レベルになったら何が起きるかわからない。頭にきた誰かが一発発砲したら、たぶんそこから一気に何かが起きる。トランプもツイッターをそういう使い方してるけれども、今は「見せる」ための行動も少なくない。トランプも自分だけじゃないと知っておくべきだ。誰かが頭にきて、ミサイルのボタンを押したら、もう取り返しがつかなくなる。だから、真に国民のことを考える賢明な国家指導者だったら、そうした事態を回避するし、単に自分の選挙対策だけのために空母を動かすなんてことはしない。「万が一」を回避する慎重さ、よりも、見てくれの派手さを優先する人が増えている気がする。昨今のシステムダウンが多いのと同じで、トランプが表層的なアピールで空母を動かしたのと同じ感覚で、表層的なアピールで、「アメリカの空母にミサイルを打ち込むボタンを押す俺」みたいな動画をSNSに投稿するアホなイラン人が(イランの方、失礼!)一人もいないと確信できるんだろうか?

マーベルの映画と一緒。とにかくどこかに「とんでもない悪」がいてくれないと困る。そういう「悪」を退治することで、初めてヒーローになれるから、逆に言えば、「悪」をデッチ上げない限り自分の存在をアピールできない。迷惑極まりない破壊の権化。どっちが?映画で、街を散々破壊し尽くした後の損害賠償請求のストーリーは取り上げないのか?そこまできちんと対応してこそ、アメリカン・ヒーローじゃないのか?いや、破壊するのは、エイリアンとか「悪役」だけ、っていう設定もあったな。
スーパーヒーローが、きちんと損害賠償のお金を支払って、きちんとゴミ拾いのお掃除をして、街を綺麗にしました、そこまでマーベルの映画で見てみたい。

もう、しつこいくらい書いている。人間の実体は「意識体」であって、「意識」の世界では「監視カメラ」も「盗聴マイク」も要らない。地球人がただむやみやたらと、エイリアンを残忍な侵略者として描いていることは、筒抜けだってことくらいは、知っておいても損はないと思う。そういう描かれ方をして、どんな気分か、理解できないだろうなぁ。想像力の欠如。トランプに「想像力」があるとは、とても思えないが。

ブッシュが湾岸戦争を始めた。イラクのフセイン大統領が大量破壊兵器をなんちゃら、っていう口実だったと記憶しているが、結局何一つ見つからなかったんでしたっけか?今回、アメリカの国防司令部(でしたっけか?)が、重大な兆候を掴んだ、とかニュースで言ってて、ついブッシュを思い出した。
で、今回の「イランでの危険な兆候」なんてのは、アメリカの議会に証拠を提示して説明するんだろうか?空母を動かしておいて、その根拠を議会で説明できないとしたら、どこまでスーパーな人なんだろうかと思う。
アメリカほどの強大な国力のある国の大統領に、あの単細胞動物を選んだのはアメリカ国民の責任だと僕は思う。自国の議会で、なんとかして欲しい。

研究・開発

展示会なんかに出かけた時に、「職種」を書く欄があると、だいたい僕は「研究・開発」にチェックを入れる。だって、好きなんだもん。「経営職」は嫌い。(いや、その職種の方々嫌いっていう意味じゃなくて、自分がそれを名乗るのが嫌い、っていう意味で。)

あと5分で日付が変わる。疲れた。でも、結構充実感はあるかも。生まれて初めて、「本を書く」という仕事にお声がけいただいた。感謝。プログラミングに似て、机にかじりつく時間が長いから、とにかく「運動」してない。お陰で、6kg近くリバウンドした。この話をしたら、「食べなきゃいいのに」とか言われたんだけれども、食わないとだんだん頭が働かなくなる。食ってしばらくして、自分でも違いに気付くくらいにチョコレート一粒で文脈だのロジックだのの「見え方」が違ってくる。だけどなぁ、リバウンド・・・

今日、ちょっと面白い画面を見つけた。これ

このタイムスタンプの、「作成日 明日 0:34」って、なぁに?タイムマシンか?って、たぶん、スキャナの時計が狂っているんだろうけれども、昨日とか一昨日はともかく、タイムスタンプの「明日」ってのは初めて見た。

厳密には僕がやってるのは、研究じゃなくて、開発。本当は、研究をやりたかったんだけれども、親父にゴチャゴチャ言われるのが嫌で、早く社会人になりたくて、大学に残るなんていう選択肢は選ばなかった。でも、結果正解だったかも知れない。たぶん、僕の場合「生きていてやりたいこと」と、「何のために今回生まれたか」は全然違う。前者は研究・開発でも、後者は違うと自覚している。僕は、チンドン屋。客寄せパンダ。実を言えば、舞台回しの方々に辻褄合わせのサポートしてもらっているから、今に至る「目立つこと」が出来てる。師匠のことを知ってもらいたくて、とにかく目立つように、というのが30年も前に漠然と「思い出して」きたことだったような気がする。
でも、もしかしたら、それも違っているかも知れない。タイミングを合わせたかったのは、もしかしたら、エル・カンターレ様の方だったかも。仮にそうだったとしたら、師匠の方に流れ着いて、大正解だったのか。この段落、話題が通じない人が多いだろうなぁ。気にしないでください。いずれにしたって、今現在が人類史上でとてつもない「変化点」だっていうことに気づいていない人があまりにも多いのが残念。チンドン屋として失格だなぁ。「目に見えるモノの世界は、実は仮の世界」なんて、通じてないでしょうね。何よりも、今僕が書いている本は「プログラミングの教科書」だし。

話題変わって、アメリカ vs 中国。トランプさん、何がわかってないかって、アメリカの人件費。平均的な生活水準が高いっていうことは、人件費が高いっていうことで、それだけで企業にとっては進出意欲が削がれる理由になる。日本が「高度成長」を成し遂げたのは、昔は人件費が安かったから。物価も安かった。僕の記憶にある限り、日本は「30 円で腹一杯になれる国」だった。その「人件費の安さ」を競争力にしたのが中国で、十分にフェアな貿易戦だろうと思う。アメリカ人が「平均賃金を下げる」決断さえすれば、すぐにだって、対抗できる話題だと思うけれども、そんな決断、絶対にしないだろうな。

で、今の日本は、もはや「人件費の安い国」ではなくなった。人件費に頼る国際競争力は、もうない。だから、あの分野が韓国に抜かれ、この分野が中国に抜かれ、そういう状況に陥っている。人件費だけがメリットだったなら、日本は今やもう、タイにも、インドネシアにも、ベトナムにも勝てない。こんなことは、高校生にもわかる話題だと思うが、トランプさんには理解できないか。あんたのゴルフ場をああして、こうしたら、それだけでアメリカの一般市民はなんちゃらかんちゃら、なんていう話題、どうせ、聞く耳持たない。そもそも、自分が大統領になったこと自体が、アメリカや世界の悲劇だと、気づいていないあたりが・・・トラジェディってのは、そんなもんか。
それなら、人件費が高くなっちゃっても経済が成り立つにはどうしたら、っていうのが「研究開発」で仕入れたノウハウなんだろうと思う。今、アメリカはその一点に力を置いている。(その所得分配がうまくいっていないから、仮に中国が著作権を重視する方向に転じても、アメリカ国内の格差は埋まらないと断言してもいいけど。)

中国が理解すべきことは、今中国が「技術移転」を掲げている政策は、日本が衰退した以上に短いタイムスパンで、いずれ他の国が真似る。中国企業がアフリカ、南米、大洋州、アジア、などなど、あちこちに進出した際に、中国が行なっている政策を他の国が採用してならない理由などない。今度は中国が「模倣される」のではなく、「ノウハウの供出を強制される」側に回る。そういう、タイムスパンがどんどん短くなっている。

「後進国」の発展を阻害する最大の要因は、「教育」だったろうと思う。知恵さえあれば、結構「モノ」がなくても工夫はできる。教育の最大の効果はそこにあると思う。それが、今やGoogleなんかのおかげで、もう全世界、使い方次第で、学校なんか行かなくたって、一つのビジネスを立ち上げるくらいの知識はタダで手に入る。そこに、「技術移転」の中国モデルを加えたら、後進国にとっては、鬼に金棒じゃないか?いずれは、ここ数十年のアメリカ、ここ十数年の日本、そして、今まさに中国が「こちら側」に来ようとしているけれども、アメリカも日本も中国も、まさしく「カモ」になるんだろうな、という気がする。中国の場合には、都合の悪い情報は流れないように操作しているけれども、他の国はそうじゃないから、あらゆる知識が手に入る。「都合が悪い」と見える情報の中にも、次の時代に必要不可欠なものが紛れていたりする。僕らにしてみたら、情報を遮断して中国が次の世代に「時代遅れ」になってもらった方が、都合がいい。

アメリカなんかねぇ。価値観を変えなきゃ国民の不満は収まらないだろうな。盗みに来た奴がいたら、「あげるよ」くらいの気分になれなきゃ、気持ちが休まることもなかろうに。アメリカンヒーローってのは、ただ腕力が強い奴、ばかりな気がする。「悪いことをする」奴を力で潰す。「そんなことして、いいの?別に、欲しけりゃあげるけど。」くらいの応対をするアメリカンヒーローなんて、映画にならないだろうな。最近、マーベルの映画の登場人物が、全部トランプに見えて困る。映画が楽しめないじゃないか。

って、本題は何でしたっけ?毎度、支離滅裂な私でした。