暖房22度

エアコンが効かないなぁ、と思って良く見たら暖房22度。
どうりで、スイッチ入れたのに、うんともすんとも言わない訳だ。
昔お袋が、11月頃にエアコンが効かない、壊れた、寒いとかボヤくので、よく見たら冷房28度だったことがある。
笑えない。ってか、昨日一日これで過ごしたんだから、結局エアコン、要らないんじゃね?

対照的なのが母屋で、ついこの間まで暖房30度に設定していた人が、そろそろ冷房18度に設定するような気がする。
温度計を見ると、1月2月は27度とか28度なのに、7月8月は22度くらいに下がっている。
そういう部屋にしばらくいると、私の方が体調を崩す。
今事務所は、エアコンなしで28度だけれど「暑いのに体が慣れていない」というよりも、この「寒暖差」には慣れてるから、たぶん、私は大丈夫でしょう。

昨日から、頭がモワッとして、ということもあるけれども、書きたいこと、言いたいことが山ほどあるような気がして、とにかくモヤモヤしている。こういう時は、全部吐き出すに限る、なんてことも昨日はふと思ったが、相変わらず今でもモヤモヤ。

そして、書こうとして冷静に考えてみると、どれもこれも、どこかで偉い人が言っていたこととか、何かの記事で読んだとか、そんなのばかり。そもそも、これまでもそうした主張があったのに、何も変わらなかったのなら、今更私が何か書いても意味あるの?なんてあたりに落ち着きそうだ。

仕事最優先、生活再建最優先。
いや、ちょっと騒ぎすぎた感が・・・黙ります。
沈思黙考、無芸大食。