軽いガス

ド素人考え。
京アニ事件の、屋上につながる階段で亡くなった方々の死因。

について、考えたことを書く前に、亡くなられた方々や、関係者の方々、京アニファンの多くの方々と、痛みを分かち合い、亡くなられた方々に心よりの衷心の意を伝えたいと思います。

屋上につながるドアは、開ける状態だった、とニュースで流れていた。19名が折り重なるようにとニュースで聞いて、せめて、その方々だけでも助からなかったのかと思った。
パニック状態で、開けるのに開けられなかった、というコメントもどこかで読んだけれども、もしかして一酸化炭素中毒か、と思って調べてみた。けれども、なかなか知りたい知識にヒットしなかった。
あの状態で、爆発的に煙が充満した場合、どの程度の一酸化炭素濃度になるのか、次に、その濃度の一酸化炭素がどの程度の速度で階段の上部に溜まるのか。(時間が経てば、一酸化炭素は軽いから上の方に集まるのは間違いないけれども、そんな悠長な話ではなかったようだ。)さらに、上部に集まったとして、その濃度の一酸化炭素でヒトの意識が落ちるのに何秒程度かかるのか。この三つの条件がある程度わかったとして、もしかしたら、階段の上に辿り着いたけれども、一酸化炭素濃度が高くて、意識が落ちてしまい、外に出る扉を開ける前に倒れてしまったんだろうか、と思った。助かって欲しかった、だけど、不可抗力だったんだろうと思いたい。

こんな時に、とても不謹慎だとは思うが、亡くなられた方々の、ご遺体が発見された場所ごとに、血液サンプルを残して、消防関係の方々の分析に使えるようにすべきだとも考えた。ご家族の皆様、ファンの皆様、本当にごめんなさい。

話を戻して、そうだとしたら、もしかして、階段の最上部の壁面などに「軽い有毒ガス」を外に逃がすベントがあったなら、意識が落ちることもなく、34名のうち19名は、もしかしたら助かっていた、なんてことはないだろうか、とも思った。助かって欲しかった、と思う。
と思いつつ、これは諸刃の剣だとも思った。ベントがあることによって、空気の流れができて、一気に炎が階段を伝わって逃げる人に襲ってくる、それもあるかも知れないとも思った。この辺は、たぶん、実験してみなければわからないのかもしれない。

気になったのは、テレビで見たあの黒い煙。ガソリンが巻かれた床の素材はなんだったんだろうか。シアン化水素ガス、いわゆる青酸ガスの発生なんかは、なかったんだろうか。

Wikiのシアン化水素のページ

火災によりアクリル製品等が熱分解し、シアン化水素が発生して急性中毒を引き起こすことがあり、一酸化炭素とともに火災時において中毒が発生する原因となっている。 デパート等の火災に際し、落ち着いて避難していた人が突然倒れた事例がある。(長崎屋火災)

床の素材によっては、シアン化水素が発生して、極めて短時間に意識が落ちた、なんてこともあるんじゃないかと思った。HCNの比重は、COとほぼ同じか?軽い?ガソリンに着火した後、短時間に床などの素材が熱に反応してHCNが大量発生した、なんてことはないんだろうか。
こんなことを考えていた。

嫌な世の中だ。今後、通り魔的な無差別犯罪が増えそうな気がしている。今回の京アニの事件、一番嫌なのは、模倣犯が出ることだろうか。「こんな世の中、生きていたって面白くない。どうせなら一人でも多く巻き込んでやる。」こう思って生きている人は、少なくないとも思う。間違いなく多数いる、と私は思う。(お前はどうなんだと、聞かないで欲しい。経験上、共鳴する部分も持っているから、そう感じる。)あんな行動は、僕は絶対に取らないけれども、自身の行動規範なんて、その人次第。

だとしたら、あらゆる側面で、防護策を考えるべきだ。ガソリンが巻かれて着火しても、有毒ガスが発生しにくい床素材。有毒ガスが発生した場合の、建物内の濃度分布。上に集まるなら、どう爆炎を防いで有毒ガスを逃がすか。

およそ、恨みを買うような会社ではないつもりでいても、社員のRF-IDなどを持たなければ、自由に奥には入れない入り口。不審な人物が、一気に建物の中に入ることを防げるような、それでいて、通常のビジネスの訪問客に不快感を抱かせない入り口の構造。

「不審な荷物」を持っている人を見分けるAI画像解析。不審な買い物、買い方をする客を見分けるPOS連携システム。不審な荷物を不審な運び方をする人を、見分けるAI街頭カメラ。何かが起きる前に、事前に監視して警察などが動ける地域社会のコンセンサスや運用ルール。僕なんか、それで職質される場合も出てくるかも知れないけれども、話して分かってもらえるならば、「念のため」ということで、一応は理解を示したい。

こういうことを書くのなんて、嫌だなぁ。人を疑ってる。だけど、助かる命が助かるため、ならば、取れる対策は取るべきだ、という気がする。

サテライト・オフィス

東武東上線の小川町。実質的には、平均で池袋から1時間10分程度。確かに遠いよなぁ。
停車駅とか、「時間」で考えたら中間点は川越あたりだろうか。ということは、川越よりも池袋から遠い人たちにとっては、池袋に出るよりも小川町に来る方が近いはず。しかも、「通勤時間帯」ということならば逆向きだから空いている。朝なら、間違いなく座れる。

メールや、SkypeでもLineでもなんでもいいけど、チャットやテレビ電話が通じるだけで業務が推進できるなら、小川町なんて、「レンタル・サテライト・オフィス」が結構な数作れるんじゃないかなぁ。駅から徒歩5分以内に、どれだけオフィスを作れるか。なんてことも思う。本当に、ちょっと工夫したらすごく居心地のいい場所が、何箇所もあるんだけれど。(豊かな自然っていうのは、外からの目で見ないと、なかなかわからない。)

何がいいか。例えば、シェア自転車を提供できれば、自然を満喫できる場所はいくらでもあるから、自然の中でゆっくり何か考える機会もある。気軽にそんな場所に行けるオフィスが、駅から近くにある。恐らくは、賃料も安くできる。そんなやり方、できないかなぁ。
東京オリンピックで、都心への一極集中を分散する、開催期間中に首都圏への人の流れを制限する、という流れがあるなら、乗らない手はないような気がした。

けど、なぁ。町にお金がないみたいだし、僕も若干税金の滞納があるけど・・・(年内に、なんとかします。目指せ、高額納税企業!)

ザクロ

木に実がついてるのを、見つけた。

まだ、実がつき始めた段階だったのかなぁ。
引きこもっていた頃の僕を「心の勉強会」に誘ってくれたTさんの義理のお姉さん(やはりTさん)に、「あれってザクロですか?イチジクですか?」と聞いた。
「イチジクって、もっと、こんな感じで葉っぱが大きいよ」と言われて、思い出した。そうだった。イチジクの葉っぱは、もっとずっと大きい。あの木はやっぱり、ザクロかな?と思った。

思い出してググったけれども、なんだか完熟したザクロの実のアップばかりが多くて、大きくなりかけの、木についたザクロの写真がなかなか見つからない。
見つけた。これか。たぶん、今日見た木の実はザクロだ。
こういう時も、どうも僕は写真を撮る気になれない。記憶に焼き付けなかったなら、生きてる意味がないもの。
いいんだか、悪いんだか。

完熟した頃に木の実をもいで、食べてみれば、一発でわかるのかもね。でも、公共施設の植樹の果実だから、できそうにない。当分この会場での勉強会の予定はないし・・・こういう「確認」の楽しみは、別の形でとっておこう。木の雰囲気と、葉っぱの形。必死で記憶に焼き付けた。先送りでいいや。

この疑問が解決しなかったからって、それで成仏できない、なんてことは、なさそうだし。

国際法

韓国の政府関係者がまた何か言ってるみたい。

「日本の主張は詭弁」=請求権協定で韓国高官
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019072100371&g=int

日韓請求権協定は、国家間の問題であって、民間企業はなんちゃら。
協定の文章を全文読んでから言ってるんだろうか。文字が読めないなら別だけれども。
(うっかりしていた、この表現は、この人の発言じゃない・・・どうでもいいlけど。)

こういう書き方をしたら、極めて失礼だろうと思うけれども、民間人の私が何を書いても関係ないよね。
あの、あの中国ですら、英国と交わした香港の租借地の・・・細かいところは、私は無知、期限をじっと待っていた。「返還」は国際的な約束事に基づいて「満了」したんだろうか、要するに中国は「国際的な約束を守った」ということになると思う。もし、中国が一方的に香港を「租借地に関する国際的な約束事を見直す」とか言い出していたなら、もしかしたら戦争になっていたかも知れない気がする。中国はそれをしなかった。

慰安婦合意を破棄したなら、一旦白紙に戻して受け取ったお金を返したの?合意を破棄したなら、受け取ったお金をい一旦は返すのが筋でしょ?合意で受け取ったお金は返さないけれど、自分の側は約束を破棄?それが韓国流?

その上で、今度は徴用工問題で、民間企業から基金を「拠出」しろ、と?もっと金を出せ、と?お金欲しい?それだけなの?誠意がなんちゃらいうなら、直近でもまず返すとか、昔の話なら、軍事政権が使い込んだおかげで賠償金が民間に流れなかったと国民にきちんと説明するとか、いろいろ先にやるべきことがあるだろうに。「誠意」は口実で、欲しいのはお金だけでしょ?返さないのがその証拠。

改めて:

請求権協定で韓国は日本から3億ドルを受け取ったが、日本の戦争犯罪に対する『賠償』を受け取ったのではない

戦争犯罪とか書いているけれども、当時朝鮮半島は日本の一部であり、軍人の給与が欲しくて「日本兵」になった朝鮮人も少なくなかった。「日本兵」となった朝鮮人が、統率のために朝鮮人の民間人に銃口を向けていた状況も、相当にありえたはずである。交戦国でない限りは、国内法の適用になるはずであり「戦争犯罪」が問題ならば、むしろ朝鮮半島は「加害者に加担していた」立場になる。その点を忘れている。その前提で請求権協定の文脈を読まない限りは、正しい歴史理解につながらないと私は思う。

要するに、何度でもお金が欲しい、っていうことでしょ?
文字が読めないふりをするのは、やめて欲しい。

あ、僕は今、その辺のネトウヨよりも過激です。