為替操作

トランプ政権、中国を「為替操作国」に指定
https://www.cnn.co.jp/business/35140910.html

経済のことは難しくてよくわからないけれど、経済活動が低迷してくると為替っていうのは安く振れるんじゃないのかなぁ。ということは、中国の人民元を安い方に設定するのは、自然な流れのような気がする。

特に、トランプさんが制裁だとか言って関税をかけて、中国経済の先行き不安なんていうのが世界中で悪影響を及ぼしている気がする。
一方で散々に鞭でビシバシと引っ叩いて、中国経済を弱らせておいて、その上ローソクで、じゃなかった、人民元が下落したら「為替操作国」だ、なんて、ちょっと酷くないか?
いや、これはトランプさんの趣味・・嗜好か?僕はどっちかと言えば、ハイヒールの方が、って、そんな趣味ありません。

イランへの経済制裁と同じで、最初から何もなくてもやるつもりだったんでしょうね。記事に書いてあるけど。今日は円相場も円安に振れて、株価を下支えしたらしい。

トランプさんの狙いは、ドル独歩高なのかなぁ。明らかに、トランプさんの政策の結果だと思う。それでいて、目的は、アメリカからの輸出を増やして貿易収支を改善すること?

天才の考えることは、よくわからない。



付け足しになる。(独立したページにすると、目立っちゃうので、どさくさ紛れに下の方に書いた。)

こんなにも、自分のことをネットに晒すなんて、馬鹿じゃないの?
なんてことを思われてしまうと、まぁ、否定はできませんが・・・

現状として、7割くらいは(ネットだけでもないけれど)腹の中身は晒してる。残りのうち1割は、仕事がらみの話題。原則的に全てが守秘義務の対象になる。1割は、周囲の人間のプライバシーにつながるような話題。最後の1割はあまりにも露悪趣味的な部分で、エチケットとして晒してない。

逆に、自分の中のドロドロしたものは、大きくなり過ぎないうちに晒してしまっている。身近な人間関係まで含んでしまったとしても、ネガティブな感情が膨らむ前に、オブラートに包みきれないとしても晒す。
だから、たまには「こんな話題を書いたら、その人に迷惑じゃないの」なんて話題も書いている。名誉毀損で訴えられるのは、覚悟の上。ただ、暗いドロドロした意識も、光を当てて外に晒してしまえば、それ以上は膨らまないし、晒したことで消えてしまう場合だってある。以前だったら、ネットなんかに書く代わりに本郷にある飲み屋なんかで、マスターに全部話して、済ませていたりした。
無論、本人に直接伝えられるなら直接伝えているんだけれども、相手によっては根こそぎ否定されて会話が続かなかったりするから、仕方なしにネット。

という感じだから、腹の中にはほとんど隠している物事が無くなってる。そんなことして、何かメリットがあるの、っていう話だけれども、メリットがなければ、こんなことはしないでしょうね。

以前書いた話題があった。意識体の世界の住人の方々には、僕がこの世界では晒していない残りの3割も、筒抜けだし、逆の言い方をすれば、意識体の世界は「意識」だけの存在だから、隠しようがない。誰もがそこに帰るんですけどね。いつかは。

これだけ晒していて、憎悪とか、妬みとかは、ほとんど出て来ていないと思う。最近は韓国の話題なんかも書いているけれども、読んでみて、ベースに憎悪があるように読めますか?憎悪を持ってしまっていたならば、ちゃんと憎悪が伝わるように書くと思うけれど、そうなっていないとしたら、持っていないから書きようがないだけ。
どうしようもなく苦手、という人はいる。これは敢えて書いていない。エチケットの部分の1割に含めてます。ただ、嫌いな人はいない。僕が誰かを嫌いだという話題、どこかに書いていましたっけか?
昔は、確かにあった。ただ、ここ10年以上、嫌いな人というのは一人もいない。

あれこれと、意識の中にあるものを晒してみて、まだ晒していないものに何があったかを辿っていけば、いずれは、嫉妬とか、憎悪とか、優越感とか、あれやこれやの、知られたら困るような意識そのものがなくなってくる。(隠していたって、だいたい周囲は感じ取っているものだとも思うが。)
結果的に、腹の中に隠しているものが何もない感じになってくれば、(見た目は、相当に何かを隠しているような「腹」ではあるけれど、)「意識」だけの方々と意思疎通しやすくなる、ような気が、なんとなくしている。

どなた様も、試してみてはいかがでしょうかね?
僕みたいに、「あいつ、馬鹿じゃねぇの」って言われる(というよりも、思われる)とは考えますが。

ついでに書けば、馬鹿と思われることにも、全く抵抗がなくなった。というより、馬鹿とか利口とかいう「尺度」が、何かの役に立つの?という感じになっている。

「これは知っている、これは知らない」あるいは、「こういう説明をすれば、この子はこれが理解できる」「この説明だけでは、この子は理解できないかもしれない」ということは、考える。利口とか馬鹿とかが知識量の話題だとしたら、いくらだって変わるはずだし、「理解力」ということになると、それはある種の「個性」の一部みたいなもので、得意不得意だってあるだろうから、学校で教えていて気がかりなのは、どこまで理解させるか、ということだけだろうか。
職業によっては、絶対に知っておかなければならない「知識」も確かにある。ただ、遅かれ早かれ、実際に仕事に就けば、いずれは身につくとも思う。仕事に就けるチャンスを与えるために、その人ごとの「理解力」の特性は・・・いかん、いかん、別の話題にズレて来た。やめる。

僕は、気配でフィードバックを取ってるけれど、慣れていない人は、まず、返事を返してくれる相手に、何から何まで、晒してみてはどうでしょうかね?(職場とか家庭よりも、飲み屋なんかだろうかなぁ。)憎悪があるならば、それも表に出してみる。そして、「あまり、いいことじゃないんじゃないの」と指摘されたなら、憎悪はあまりいい感情ではない、と気づいて欲しい気がする。そうしたら、何が原因で憎悪するようになったか考えてみて、原因がわかったなら、やり方次第で憎悪は消えると思う。こういうことが、誰もが普通に出来るようになっていったら、もしかしたら、誰の心の中にもあるかも知れないネガティブなものは、一つずつ消していけて、あの京アニ事件の犯人のような、最悪の爆発のさせ方だって防げるような気がする。(ただ、言うは易く行うは難し、だとも思うけれど。)

私の場合には、行き掛かり上、って感じで、ネットを使っているけれども、ザックリ言って、やっぱりネットは避けたほうがいいような気はしてますが・・・
とにかく、発端は、一切晒す気がないのに、勝手に晒されて、勝手な解釈をされていたから、まだ、自発的にネットに出した方が、勝手な解釈をされないだけ、ベターだった。このトピクスも、話題が別の方向にズレそうなので、もう、この話題、ここまでにする。

馬鹿じゃないの、って思われてしまったら、実際確かにそうですけどね。
ま、色々と試行錯誤しながらやってる、ってことです。
もっと、精度とか確度とかを上げたいもんで。