ディープラーニング

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190808/amp/k10012028151000.html
富士通 能力次第で年収4000万円も AIなど人材獲得競争激化で

いいなぁ、って、早速やっかんでる私。
それはさておき。

ディープラーニングが後押ししているんだろうと思うけれども、人工知能の第三次ブームがかしましい。

もう、何度も同じことを書いているけれども、ディープラーニングのHidden Layerの意味付けの議論がない、ものすごく浅薄な記事も少なくない気がする。

例が悪いけれども、若手のエンジニアが簡単なWEBサイトを作れるから、その延長で暗号資産を扱う会社を作りました、あるいは、キャッシュレスの会社を作りました、いとも簡単に大金を盗まれました、それに近いことがAIでも起きつつある気がする。

人の脳は、成長過程で「個体発生」は「系統発生」を繰り返し、明暗程度しか識別できない昆虫の脳のレベルから、各階層に意味を持って、おそらく十数階層から何十階層のレベルの認知機構を確立させて来ていると思う。無頓着に階層数を増やせば認識精度は上がる、それは確かにあっても、すべてのLayerで、一定以上の確率で誤認識を行う、その誤認率は「意味付け」がない場合には桁違いに高くなるような気がする。

ノイマン型の「確定論理」の世界ならば、正常動作の確率は100%が原則であるのに対して、AIの場合は、想定された「最適解」の到達確率が9割程度でも良しとされる風潮もあるような気がする。

安易なブームはいいんだけれども、AIの出してくる「トンデモ解答」は、文字通り、桁外れのトンデモ解答となるケースもあるみたいだし。大方の専門家は、学習するデータ数を増やしたり、レイヤの数を増やせばいずれ解決すると考えているみたいだけれど、本質的な「自然知能」との違いを見落としているし、基本のモデルが自然の知能とは違いすぎるから、案外低いところに「限界」があるような気がする。そういうネガティブな、AIに否定的な見解を述べる技術者を、AIのブームに踊っている経営者が採用する訳がなく、まずいんじゃないの、なんてことは思う。

そもそも、自然知能の場合には、認知能力は「生存できるかできないか」で数億年に渡ってふるい分けられ、生き残った性能の遺伝子だけが、さらに上位層の学習用に使われて来ているから、それに近い部分の基礎研究が進まなければ、少なくともクリティカルな領域にはAIは使えないと思う。
多少は、「脳」そのものの研究者の考えも、聞いた方がいいんじゃないかなぁ。

AIブームが第三次なだけに、大惨事の原因とならないことを祈りたい。
私には、対岸の火事だけど。


極めて個人的に、ヒトの脳はインターフェースだと思っている。

ヒトの場合には、受精してから3ヶ月程度の間に「霊体」とのハンドシェークを確立させる。と、理解している。
物質世界での「肉体」は、個々の細胞からそれぞれのレベルの「意識」を持った多層的な集合体として、進化して来ていて、その部分の理解(解釈)は、一般的な生物学的な理解とほぼ合致していると思う。

いささか、SFチックだけれども、エバンゲリオンだの、ガンダムだのの操縦席に座っているのが、僕らの「意識体」であり、肉体はそのエバだのガンダムだのの機体なのかも知れない。師匠はよく、自動車とドライバの関係に例えられていた。(自動運転車、なんてのになってしまうと、この比喩は使えないかも。)

まず、その「脳」自体が極めて高機能で、神経ネットワークは様々なモデルに例えられて来た。僕自身は大学時代は、ペトリネットで認知機能を説明できないか、なんて思っていたけれども、単純なトークンの受け渡し(シナプスからの刺激)だけではなく、シナプス結合での重り係数を加重平均する、なんていう話題になってから、今の、エキスパートシステムでとも、ナレッジベースとも違う、ニューラルネットワークとしての「人工知能」の話題が出て来た。AI学会が設立されたのは、今から40年くらい前、だったと思う。

以来、ブームが来ては去り、ブームが来ては去り、その都度理解が深まっているかと言えば、コンピュータがノイマン型から一向に進化しないのと同様に、基本の部分が何かドラスティックに進化したようには思えない。

進化しなかった理由の一つは、生物の「脳」をコンピュータサイエンスの立場で考えようとする研究者が、いなかったのか(ごめんなさい、僕が知らないだけだと思う、)マイナーすぎて予算がつかなかったのか、(安倍さんなんかが、実用第一で真っ先に予算を削りそうな話題だったし、いや、蓮舫さんだったとしても、二番じゃダメなんですかとか言われて、切られたりしたかも知れないし、)要するに、あんまり、「これは」という話題を見聞きしていない。
極めて物質的な「脳」単体を取り上げたって、今の「人工知能」の基本的なロジックが、あまりにも未完成だと思うのに加えて、ヒトの「知能」の場合には、多分に意識体の存在が絡んでくる、と自分は理解している。ここから先は、生物学的には説明しきれないかも知れない。

いや、人間は、ヒトという意識体が、「人類」という共通の遺伝子を持つ生物種を乗り物として、この地球で、「ある目的」を持って生存している生命種だ、というのが、僕自身の理解であり、この「人という意識体が」という部分は、前面に押し出したい。
そこをグッとこらえて、「意識体」という話題の一切を切り離し、いわゆる「脳科学」のレベルで議論したとしても、今の人工知能の基本的な、ニューラルネットワークのアプローチは、あまりにも杜撰で、漏れが多く、重要な判断を任せるには、問題が多すぎると思う。生活を保証してくれる人がいるなら、論文やら文献やら、プログラムやらを掻き集めて、論証しますけどねぇ、どうせ、誰からも相手にされないから、もう黙る。

ってか、拗ねて絡んでばかりの人生になって久しくて、研究者とか技術者としての最前線復帰は絶対に無理だろうけどなぁ。でもいいんです。
最近、トランプさんとか文さんとか、ツッコミどころ満載のオモチャがたくさんあって、責任なんて何もないから、思いっきり遊べる。

我慢比べ(続)


韓国・文大統領、対日批判と強硬姿勢貫く発言止まず(19/08/08)

以前、自衛隊機にミサイル発射のロックオンレーダの電波を照射した際には、最初は、遭難救助のための、遭難者探索のレーダ照射だと強弁していた。遭難救助のレーダだったなら、照射されたレーダの電波のパターンを国際的に公表しても、なんら支障がないはず、だと思っていたら、途中から「自衛隊機の異常接近」を持ち出して、なんだか証拠になるんだかならないんだか分からない映像を出しながら、以後二度と「レーダー照射問題」を口にしなくなった。
都合が悪くなると、以後、その話題には一切触れなくなる。この時は、自衛隊も「韓国軍レーダの詳細仕様」を公表しなかった。(あの時に出しておきゃよかったんだ。)

肝心の本質的な話題に触れないのは、徴用工の問題も同じで、日本側が再三「日韓請求権協定の遵守」を求めているのに、文大統領は、そうした協定があったことすら一切触れていない。見事なくらいに、シラを切っている。少なくとも、「日韓基本条約」とか「日韓請求権協定」という単語は、過去数カ月、一言も触れていないと思う。あろうことか、日韓請求権協定に基づく日本の要求を「日本側の勝手な要求」だと言い切った。つまり、あの協定は無効だと強弁しているんだろうか。(無効だったら、数億ドルを返せ、と思うんだが、韓国が賠償を受け取った事実すらシラを切るに違いない)

日本の一方的な措置で得られる利益が何なのか分からない

結果論だけれども、韓国が国際会議で散々騒いでくれたおかげで、海外メディアが、日韓の双方に取材して、日本側の主張を理解してくれているように見えるのは、最大の「利益」かも知れない。

https://www.news-postseven.com/archives/20190807_1426521.html
徴用工問題、輸出管理強化…海外メディアはどう伝えているか

韓国メディアが(日本語版だけではなく)日本の主張を報道すると「売国的」と言われる。以後、日本の主張を韓国の一般の人が目にする機会は極端に減っているらしい。

https://www.sankei.com/world/news/190717/wor1907170023-n1.html
文政権が韓国紙日本語版を「売国的」と批判 事実上言論統制

結果的に、国際社会には日本の主張が正しく伝わるのに対して、韓国国内では「日本は悪い国だ」という主張しか流れず、それを鵜呑みにした韓国民が騒げば騒ぐほど、国際社会は日本側を理解してくれる。

つまり、こんな感じになっているらしい。

ウォールストリート・ジャーナル紙やタイム誌などに寄稿している韓国在住アメリカ人記者、スティーブン・ボロウィッツ氏は現在の日韓対立をこう見ている。

「韓国政府のスタンスは感情に突き動かされている。ここ数週間、韓国人と話をしながら、感情で大騒ぎしても外交でまともな議論は生まないと説明してきましたが、彼らは『被害者のことを考えろ!』と私にまで言うのです。韓国には、日本に対する敵意を永遠に維持し、断じて和解すべきではないと言う人々がいる。その少数の人たちが国家の政策を左右すべきではないと思うのですが……」

文大統領は、辞任に追い込まれたとしても「日韓請求権協定」の文面に触れることはないと思う。最後までシラを切り通す。当然、日本は「日韓はもはやお互いに友好国ではあり得ない」という前提で、当面は現状維持の輸出規制のレベルでも、さらに韓国が日本企業の資産売却などに踏み込んだなら、今度は本当に「制裁」だと公言して、制裁レベルの措置をとるだろうとも思う。つまり文政権が続く限り、悪化はあっても好転は考えられない。

当然、その都度韓国民も韓国メディアも大騒ぎし、その大騒ぎを聞きつけて、海外メディアが日韓の両方に取材をしてくれたなら、(韓国の言い分だけで記事を書くメディアや国家は、限られている)前述したように「日韓請求権協定」の存在を「国際社会」に公知できる。韓国国内では「客観的な理解」は進まないまま、ヒステリックに叫び続け、そうなればなるほど、国際社会の視線での韓国の迷走ぶりが浮き上がる。

これこそが「日本側の得られる利益」でしょうね。

残念ながら、これが協定に定められた「第三者による調停」を代替することはないにしても、少なくとも、韓国民を除く全世界に「日韓請求権協定」の存在を公知できると思う。韓国が騒げば騒ぐほど、日本の立場を海外に伝えることが出来るように、丁寧に世論に日本の立場を訴えていくことが大切なんだろうと思う。そして、上の記事のように、既に多少の成果は出ていて、今後、ワシントンポストや、香港メディアだけではない、世界のメディアに浸透させていくことが大切なんだろうと思う。

ショック対応姿勢、ということで言うならば、差し押さえられた資産の売却の際に、どんな手を打って、関連企業の損害をどう合法的に補い、その「対抗措置」をどう国際社会に説得するか、数通りのシナリオを考えてシミュレーションしておくことは、必須な気がする。最善のシミュレーションは、海外および日本国内の(この際、韓国企業は除外せざるを得ないだろうと思うけれど)機会損失や、実質的な損失の総額を、どう最小化するか、ということじゃなかろうか。(すべての当事者の損失を最小化するシナリオを描くと、マクロに見た損失額の総額が膨らみ、事態解決が長期化する気がする。)



これで書くべきことはすべて、のつもりだったんだが、極めて個人的に、ちょっと「やっちゃった」感があって・・・

少し前のページで、どさくさ紛れに「7割くらいは、自分の腹の中を晒した」と書いたんだけれども、結構突っ込まれている気がしてならない。

「どこが、7割だ、せいぜい3割、もしかしたら2割程度しか表に晒していないだろう」と・・・
ですかねぇ。自覚する範囲では、と書くべきだったのか。

要するに、「無意識」に口にしてしまった一言だとか、(自分が言われた方はしつこく覚えているけれども、)自分でも結構発しているかも知れないし、とにかく「無意識」の行動とか(考え事をしていて、誰かの不快になることをしていたり)それを覚えていないばかりでなく、いわゆる深層意識の部分も全然晒そうにも、自覚すらしていないかも知れない。そういうもんだと、忘れてました。すみません。(って、誰に謝ってるんだか・・・)
ギャラリーが多いからなぁ。

願わくば、外に晒していない7割、もしかしたら8割の中に、誰かに対する妬み嫉み、憎悪、などなどが、あまりないことを祈りたい。(思い当たる節があった。未だに消化しきれていないアレ。)

嫌だなぁ、俺、何やってるんだろう。

これだけあれこれ書いていると、ちょっとした間違いで、どれだけ深いところに落ちるか、わかったもんじゃないからなぁ。トランプよりは絶対に浅いと、自信を持って断言するけれども、アレを比較の対象にした時点で終わってる気もするし。

でも、書かなかったら、こんな突っ込みは返ってこなかったに違いない。ご指摘ありがとうございましたと、とりあえず、ポジティブに受け止めておく。