準備完了!

ようやっと、新しいPlatformでの開発環境を整えた。

python / Django / PyCharmで、ここまでは、同僚の松尾くんと同じ。(呼び名がなぜか、社員から同僚になってまして・・・ボクの気持ちの変化です。)

彼は、virtualenvで仮想環境を整えたのに対し、僕の方はかなり変則的。PyCharmはAnacondaの仮想環境でTerminalを立ち上げる。その仮想環境を deactivateしてから、virtualenvの仮想環境を立て直す。ここのところ、設定が間に合わなかったけど、テストランで、スケルトンは完全に動作して、ロジックの実装と画面の整形だけになってきた。

Anacondaのインストーラが  .bash_profileを書き換えてしまったので、terminalは自動的にanacondaがactivateされる。迂闊にいじくると怖いので、書き戻すのはやめた。面倒だけど、scriptを毎回走らせて対応。

だいぶ、それぞれの関係が見えてきた。やっと、ロジック構築に入れる。納期が心配だから、一気にビジネスロジックを書いてしまってから、環境設定がらみの「冒険」を試すことにした。使い込んで手に馴染ませるには、とにかく、ここから先、手が勝手にプログラムを書いてくれるまでキーボードを叩くだけ。

松尾くんが先行してスケルトンをかなり整えてくれていたので、僕は、ロジック回りだけに専念できる。分業して仕事が出来るって、いいよなぁ。とても心強い。最強の友人です。松尾くんに感謝。

彼も、青年海外協力隊OBだから、「小林さん、もっと海外の人と仲良くなるような書き方をしなきゃ」なんてことを以前何度か言われたことがある。無論、そのつもりだけれど、どちらか一方が納得できないものを押し通されたなら、友好関係など成り立つはずがない。納得できるまでとことん議論すべきなのに、都合の悪い話題は逃げて、言いたいことだけは主張する、それは良くないと思っている。そういう組織にいても僕は長続きしなかったし、国対国、人対人でもたぶん同じ。「現実問題」として、相手の主張が「やむを得ない」と思えたなら、僕の側が引き下がることだって少なくなかったし、逆に筋が通らないことを言われたら、納得できるまで議論は続けたい。(首を突っ込むことも、ないかも知れないけれど。ただ、僕は、自分のブログの影響範囲は、多少は気づいているから、できることはしたいだけ。)
議論と口論は違うはず。根拠や証拠、あるいは現実的な制約に基づいて、投げられた話題に適切に返答した上で、次は自分の側の主張を根拠と証拠と制約条件に基づいて投げ返す。この作業が出来なければ、何も解決しないと思う。徴用工問題で、韓国に訴えられた会社が対話を拒んでいるのは、日韓請求権協定で「解決済み」となっていることを根拠にした、正当な対応だと僕は考える。一社が「面倒を避けて」「解決済み」を覆せば、他の全ての会社に迷惑がかかる、という考え方をするのが日本人だと思う。広がりを見せたから、日本側が強硬になった。韓国側が「解決済みではない」と主張するのならば、協定に記された手続きに従って、第三国を交えたりした協議の場を設定すべきなのに、その部分の手続きで協定を無視しているのは韓国だと、僕は理解している。(日本政府が言っていることと、ほとんど同じだけれど。)様々な話題の論点が途中からすり代り、日本からの要求を無視する、そうした対応があまりにも多いために、現状に至ったと自分は理解している。

こうした問題を、なし崩しで蓋をして済ませていたら、未来志向などあり得ないとも思う。

会社のページなのに、変なページだ。元々は会社の技術的な話題だけを「表」に書いて、こうした個人的な考え方は、全部「裏」で書くつもりだったのに、なんだか今はもう、裏しかない。表がないじゃないか、ってな感じになっちゃった。結局私も、「裏の顔しかない人間」ってなことかなぁ。(どんな顔だよ。考えても、意味がワカンねぇ。)

白髪三千丈

僕もつい、数字を盛る傾向があるけれども・・・
(正確に覚えていたつもりが、時間の経過とともに、思い出す時にだんだんと数字が化けてくる。)

まず、これ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-00000015-wow-asent
韓国映画「鳳梧洞戦闘」、4日間で観客動員数100万人を突破…北村一輝、池内博之らも出演

どんなかと思ってググってみた。
青山里大捷と鳳梧洞戦闘は本当なのですか?
https://kaikai.ch/board/34476/

これ、すごいなと思ったのは、

https://ja.wikipedia.org/wiki/青山里戦闘

韓国側の日本軍の損害についての見解は、朴殷植の『朝鮮独立運動之血史』(1920)は「加納連隊長以下900余〜1,600余人」、韓国中央選挙管理委員会編刊『大韓民国政党史』(1964)は「千余人」、韓国国防部戦史編纂委員会『韓国戦争史』(1967)は「死傷3,300人」、趙芝薫『韓国民族運動史』(1975)は「加納連隊長以下3,300人」としている。年を経るごとに日本軍の損害は誇張されていっている。同時に、日本軍の兵力、独立軍の兵力も膨れ上がり、戦闘の主役が金佐鎮から李範奭に移っている。
日本側の史料によれば[3]、青山里戦闘で受けた日本軍の損害は、戦死11、負傷24のみで将校の死傷は見当たらない。この報告は靖国神社の合祀名簿によって裏付けられている。

[3] 陸軍第19師団司令部「間島事件鮮支人死傷者調」大正10年2月25日

 

この話題の、韓国語でのWikipediaと比べてみると面白いんだろうけれども、翻訳を読む元気がない。
https://ko.wikipedia.org/wiki/%EC%B2%AD%EC%82%B0%EB%A6%AC_%EC%A0%84%ED%88%AC

ちなみに、上に引用したサイトによれば、

鳳梧洞戦闘は青山里よりもっと酷い「捏造」。
国立公文書館で当該戦闘に関する報告を観れば、日本側の損害は無い。そもそも使用された出動兵力は新美小隊一個であるところから日本側の兵力は30名程度、戦闘結果も朝鮮側の遺棄死体1、現認報告されているその他の死傷者33以上、捕虜8。他に戦闘の舞台となった鳳梧洞の家屋内から朝鮮婦人4子供1の負傷者が報告されている。
戦闘の様相も、短い報告から判るのは、鳳梧洞にある家屋内から銃撃を受けた新美小隊が家屋の制圧戦闘を行ったことだけで、「英雄」のはずの朝鮮側は女子供を残して「逃亡」している。

さて、これがどんな映画に仕上がっているのか、何年か経ったらレンタルして見てみたい。

pleiades

pleiadesがすごいことになっていた。

http://mergedoc.osdn.jp/#pleiades.html

Eclipse, Aptana Studioと、Eclipseベースの日本語化では長いことお世話になっていて、最初の頃はjavaのパスがなんちゃらで、動かねぇ、とか、色々と面倒があったのに、Qiitaで見たらsetupを走らすだけだと。

ワンタッチでPyCharm CEが日本語化できた。1分もかからなかった。すごいなぁ。

こうしたツールのメンテナンスをして下さる方、無償提供して下さる方、本当にありがとうございます。
PyCharmは、使ってみてどうしてもProfessional版の機能が必要なまで使い込んできたら、いずれ Community Editionから有償版に切り替えるかも知れませんが、Pleiadesとか、open documentの日本語化なんか、完全に無償奉仕ですよね。ありがたいです。自分も、出来ることはしたいなぁ、と。大したことはできませんが。

と言いつつ、やっぱり仕事優先。
すみませんが零細なもので、どうかご容赦を。


で、PyCharmを日本語化して、自分が何を理解していなかったか、ようやっと(というか、割とすぐに)理解できた。virtualenvは、ディレクトリ単位かぁ。

お願いですので、笑わないで下さい。最初はこんなもんです。新人のつもりで、謹んで学ばせていただきます、です。いや、以前確かに何かで読んだ。でも、実戦で使ったことがなかったんで、完全に忘れてた。

急がば回れ。virtualenvの公式ドキュメントを読むしかなさそうだ。って、英語じゃん!
に・に・に・日本語で読みたい〜〜。
もう本当に40年も前から、この繰り返し。お陰様で随分と英語力は付けさせていただいた気はするんだが、卒論の頃なんて、プログラム書いてる時間よりも英和辞典広げている時間の方が長かったもんなぁ。

さてと、再スタート。ようやっと、アクセルとブレーキ操作くらいは覚えてきたかも。ご近所を試し運転くらいの感じ。首都高の合流ができるようになるには、まだまだですね。ようやっと、わかっていないことがわかった、だけ、だし。でも、コツさえ掴めたら早いかも。と、自分を信じましょう。焦、焦、汗。

今日はちょっと涼しい。これも、とってもありがたいです。


インストールした覚えがないのに、conda が入ってる。いつの間に・・・

もしかしたら、教材作成の時に試行錯誤でnumpyを入れたりして、その際か?もしかしたら1年以上前かも・・・
本当に、コンピュータって奴は、過去の行為の全てを覚えていていただける、って、ありがたいっちゃありがたいんだが・・・自覚がない。(一度、クラッシュさせて、別のMacに乗り換えたのに、しっかりと過去を引きずってる。)

もうちょい。独り言に付き合わせて、すみませんねぇ・・・走り出したら(余計なこと書いてる暇も余裕もなくなるんで)不気味なくらいに黙りますから、ご安心を。


ようやっとわかってきた気がする。関連がよく分からなくて、Anaconda確かに2日位前に入れ直ししたっけ。(無自覚だ・・・)その後、今回はanacondaを組み合わせないつもりだったのに、試したコマンドを取り消してない。virtualenvだけではなく、anacondaでも仮想環境を構築できるらしくて、その両方を(僕が理解していなかったから)ごちゃごちゃにしていたみたいだ。

source activateと叩いたら、obsoleteと怒られた。”conda activate”を使え、と。ようやっと、突破口を見つけたかも。

本当に、わかってないからなぁ。こうやって、コケまくって、ドロドロに泥まみれになって、体で覚えるしか能がない私。スロースターターです。どうしても、ロケットスタートが出来ない。

今度こそ、行くぞ、ってギア入れてアクセル踏んだら、いきなりバックしたりなんかして・・・


やっと動いた。陽の高いうちに・・・

Anaconda 強し。
いつの間にか、Mac の Terminalで、自動的にconda activateが実行されるように、なってた。これを元に戻して、PyCharmのTerminalのみ activateされれば、いいはずだ。
毎度のことながら、この悶絶のお時間も、抜け出せれば「達成感」・・・
じゃねぇだろ、これからやっと始まるんでしょうが。次の「達成感」は、完成してから。ここからの悶絶は、長丁場だなぁ。でも、こっから先はロジックだから。

Netに溢れる TIPSに深謝。(中には、足を引っ張ってくれた記事もあったけど、それは環境とか仕様とかを確認しなかった私が悪い。)総体的には、とにかくネット情報に感謝。特にQiitaには大感謝。(いつもいつも、タダ乗りで、本当にすみません。)

ほんと、あーでもない、こーでもないって、やってる時は、浮遊霊でもいいからそばに居て愚痴と独り言に相槌を打って欲しい気分だった。(実は来てたりして)