乾物専科

今日の偶然の産物のお話。

松尾くんに「最近、事務所で料理作らないんですか」なんて、この間聞かれた。

事務所にあるのは、独身時代からの、もう25年物の自動炊飯器だけ。ただ、台湾なんかでは「電気鍋」として、独立した商品になってるらしい。実際に炊飯以外に煮込んだり、蒸したりなんかにも使えるから、小腹が空いた時とか、体力が落ちたと思った時に牛スジを煮込んだりとか、時々使ってる。

事務所に籠っている時は、基本1日2食。あまり腹も減らない。
ただ、今日はちょっと腹が減ったので、うどんを作って食べた。腹が減ったってことは、体を動かした覚えはないし、多少は、頭を使ったのかも。

冷蔵庫に食材を入れる、ってことはしてない。飲み物を冷やす程度の容量の小さい冷蔵庫だし、そんな食材を買って入れたって、腐らせるのがオチ(だって、ここは事務所)だから、材料は全部乾物。
スーパーだと、農産乾物とか、海産乾物コーナーの乾物ばかり。最近百均でも置いてある。

2Lのペットボトルを乾燥させて、パスタ、うどん、そば、最近は中華麺も棒状の乾麺が出回ってる。味噌や醤油は常温保存で、給湯室に。(炊飯器も給湯室)乾燥食材は、わかめ、ひじき、コブ、シイタケ、小豆、大豆、キクラゲ、唐辛子、切り干し大根、切干し人参、などなど20種類はあるかな。調味料も、和風だし、創味シャンタン、コンソメ顆粒、タイム、バジル、コリアンダー、などなどやはり20種類くらい。百均に置いてある調味料は、気がついたらかなり揃えていた。理科の実験室の棚みたいに、調味料がズラッと並んでる。

今日は炊飯器でうどんを茹でながら、乾燥シイタケを数切れ、放り込んだ。次に、和風ダシを一食分の半分くらい丼にだして(佃煮のりの小瓶に残りを入れてる)、ここまでは記憶がある。考え事をしていて、いつもなら醤油を少々で、お湯でといただけで、そこそこの麺つゆにしてるんだけど、なぜか味噌を少々入れたくなった。うどんを茹でてる自覚がなかったかも知れない。シャンタンも入れた。スイートチリソースも少し入れた。暑かったので、お酢が欲しいと、酢も少々。お湯で暑いうどんスープにするのは嫌だ、と思って、なぜか冷蔵庫で冷やしてあった麦茶(水で戻すタイプのやつ)でスープを割って、ワカメを戻した。その後、バジル、あと何を入れたか覚えていない。(実は、腹減ったとは思っていたけど、食い物のことは何も考えていなかった。)

で、できたうどんスープ、なぜか、間違いなく和風。香りが鼻に抜ける感じで、清涼感が半端なくて、うどんの上に、ワカメとシイタケが乗っていて間違いなくうどん、なんだけれども、自分でいうのも変ですが、すごく爽やかなうどんに仕上がっていた。

こんなことなら、もっと、何を入れたか、きちんと意識しながら作れば良かった、と思ったんだけれども、考え事してなければ、きっとたぶん、和風だしと醤油だけの麺つゆになってたから、やはり偶然の産物か。
途中で、うどんを茹でてるのを忘れてたもんね。間違いなく。

ほんと、時々、何も考えずにこういうことをやるから・・・。同じ味、再現を試みると、きっと絶対に失敗するんだろうなぁ。良くないんですよね、こういう無意識の行動って・・・

今、百均食材のバラエティーがすごい。子供の夏休みの「自由研究」には、もってこい、かもね。

魚の缶詰なんかを組み合わせると、さすがに生野菜は無理だけれども、冷蔵庫不要で、電気が通っていないところでも長期間生活できる食材のバラエティを整えられる。逆に、電気が通っていないような場所なら、野菜には困らない感じだと思うし。

何もなさげな事務所の給湯室ですが、電気が来なくなっても(水は、川から調達するとして)、2週間くらいは食い物には困らない感じ。(カセットコンロがある。)

本当に、自由研究のやりようが、結構ある気がする。

実害

なんだか、最近ネトウヨが、大人しい気がしてならない。
またしても、っていうあの韓国映画、結構騒ぐかなぁ、なんて思って見ていると、なんだか「ふ〜ん」という白けた感じも伝わって来る気がして、なんなんだろう、この空気。

思えば、日本にはコリン星からやって来た可愛い女の子がいた。
「コリン星って、どんな星」とか、「コリン星では何食べてるの」とか、結構マスコミも面白がっていたけれども、なかなか面白い風景だった気がする。
目くじらを立てたっていいことないし、何よりも実害がないしね。

って、考えてみると、日本兵がメタメタにやられちゃう韓国映画なんか、確かにあまりいい気分ではないけれども、日本側の記録での死者11名が3300名とかに化けてたり、死者ゼロが部隊壊滅の大活劇なんかになっていたりしても、もはやあの「コリン星」に近い反応しか、出来なくなっちゃったのかも知れない。
韓国の人たち、ああいう映画をみて、きっといい気分になってるんだろうなぁ。そして、記録(ってか史実)とは無関係な大活劇を作って喜んでいる韓国の人をニュースで見ながら、「ふ〜ん」という反応しか出来なくなってしまっている日本人。面白いコントラストかも知れない。日本人が大量殺戮される映画であったとしても、それで韓国の人が大喜びするのなら、もう、なんでもアリでいいんじゃない、なんて空気。みんな、大人になったなぁ。
「コリン星」を、ふ〜ん、よしよしと、暖かい目で見守っていた全国のオヤジの皆様、いかがお考えでしょうか?「そこいら辺の草だけ食っていればいい埼玉県人」が書くんだから、何でもアリで間違いない。もう、実害さえなければ、それでいいじゃん。

ただ、逆のファンタジーは困る。例えば、映画軍艦島なんかで、実際には隣人として仲良く暮らしていたと証言している当時を知る方もいらっしゃって、映画は事実に反すると証言されているのに、映画の中で何かと言えば日本人は韓国人を虐待する。映画でなくても、日本軍のトラックがやって来て現地の若い女性を連れ去って慰安婦にしたとか、現地取材した人が当時を知る人からの証言も「そんな話は聞いたこともない」と肯定的証言を一切拾えず、結果的に虚構だったことが認知されるまで20年以上かかった話もある。(一部の人はまだ信じているようだ。年代的に金日成氏の情報戦の成果だと思うが。)日本人が加害者に仕立て上げられた映画は、事実無根な嫌日、反日、憎悪の感情を植えつけて、それが拡大再生産していく原因になる。しかも、政治家がそれを前提の発言をする。これはとにかく困る。そういう映画に対しては、(もはや、意味はないとも思うけれども)抗議は続けていくことになるんだろうと思う。実害があったとしても、事実に基づいている限りは(多少の脚色も)日本人側も甘んじて受け容れるべきだとは思うが、虚構は限度がないから、とにかく困る。そっちは、すごく実害がある。

歴史認識はどうなんだろうか。これも、実害の有無なんでしょうね。例えば、世界の四大文明はすべて朝鮮半島から伝わったと(本当に韓国ではそれを教えてるのかなぁ、)アメリカ(かイギリス)や中国でそれを主張した韓国人留学生がいたという話が、ネトウヨ系の方のサイトにあった(記憶が不確か)。まぁ、実害はないから、いいんじゃない、で、済ませる。実害があると思える時は、無駄だとしても一応は抗議すると、そういうことになるのかも。史実を争っても意味ないし、いずれきっと、世界も「ふ〜ん」と、暖かい目で見てくれるようになるに違いない。

日本人の皆様、あの「コリン星人」の延長で、例えば、韓国人が卵から育てたゴジラ的大怪獣が、日本列島を破壊し尽くす映画だろうが、実は、広島長崎の次に落とす超爆弾を韓国でも極秘裏に作っていて、日本が降伏しちゃったから東京に落としそびれた、命拾いしたな日本人め、ってな映画だろうが、この際だからなんだって作っても構わない、思う存分楽しんでくれたらいいんじゃないかな、と、そういうことにしませんか。もはや今、韓国の人って、あ〜やって楽しみを得ているんだね、良かったねぇ楽しめて、なんていう、とても暖かい目で遠くから見守ることが出来るくらい、日本人も大人に成長させていただいたかも知れない。しばらくぶりに開いたネトウヨ系のサイトの空気を読んで、そんな気がした。他の日本人の皆様が、いかがお考えかは、私にはわかりかねますが、私はそう考えます。

通行手形がないと海にすら行けない埼玉県人の一人としては、かように考える次第でございます。

でも、ちょっと気色悪いから、「ぶ〜ん、ぶ〜ん、カーセブ〜〜ン」だけはやめて欲しい気がする。あれはコリン星人だったから許せた「技」だと、極めて個人的に僕は思う。(相当に偏向してるな・・・)

あ、本人結構気にしてるかも知れないので、ごめんなさい。でも、いい売出し方で、成功例だと思いますよ。