首都機能分散

意味のないことは起きない。
というよりも、もっと言葉を選ばずに書けば、意味のない自然災害は起こさない、と思う。一体、どんな意味があったんだろうかと、ずっと考えていて、いくつも多重に意味を持たされたうちの一つは、きっと、人と人とをつなぐキッカケになれば、ということなんだろうか。その点は、他のほとんどの自然災害に関連して、「一つの解答」だと理解している。
こういうことが起きるうちがラッキーかも知れない。

多くの病気は、本人の心が原因となって引き起こされる、と私は理解している。(別に、他人には同じ「理解」は求めない。説明困難。っていうよりも、もう何度も自分の理解した範囲の説明は書いたけれど、説得力があったかどうかはわからない。だから、結果的に、他人には「理解」は求めない。)よく言われる反論。「それならば、あれだけひどいことをしていて、どう考えたってあの人の心は汚れまくっているだろうに、なぜあの人は病気にならないんですか?」もっともなご指摘。僕が得ている答えは、理解している範囲で書けば、かなりアバウトな表現だけれども、上からの意識(エネルギー)に多く棹させている人と、下からの意識(エネルギー)に行動を委ねている人と、ザックリと人は二分される。上からの意識は汚れを嫌うから、上からの、「神」と呼ばれる方々、さらには創造主からのエネルギーに、より意識を向けようとすればする程、むしろ心の汚れが病気の引き金になりやすくなる。逆に、下からのエネルギー、物欲、支配欲、憎悪、嫉妬、などなどに棹さしていると、より多く下からのエネルギーを受けやすくなって、少しくらいの悪想念では病気にならなくなる。後者の場合には、死んだ後が大変だろうとも、理解している。(しつこいようだが、他人に理解は求めない。でも、大昔から、似たようなことは随分と言われているとも思うんだが。)敬虔なキリスト教徒の方々が、もしサタンの思いに支配されたら、などとお考えになっている内容に、違いはあるけれども、かなり近いとも理解している。
その文脈で考えるならば、これだけ「試練」を投げてもらえる、ということは、それだけ、まだこの国には、見込みがある、ということなんだろうか、なんてことも考えたりしている。

あ、えぇと、仕事とか日常生活にこうした「思想」は持ち込まないので、気にしないでください。誰かに「信じろ」とも言わないし。この程度は、個人の「思想信条の自由」ということで。ご容赦を。

今回の千葉の大停電や、台風による罹災。首相官邸は組閣一色で、激甚災害の指定もなければ、かなりの無関心だったような気がする。過去形ではないと思うが。まだ内閣は動いていないような気もするし。千葉県民の皆様、お気の毒に。というよりも、千葉県庁自身の身動きが取れないでいるんだろうか。
僕が住んでいたあたりも、停電に断水に、大変みたいだ。今は他人事で、申し訳ない。逆もまた真なり。僕の居場所が罹災したとして、その時に何もなかった地域の人が他人事だと考えたとしても、文句を言うつもりもないので、悪しからず。

同程度の、大停電や、通信網の遮断、停電による給水停止が、もし東京23区で起きたら、どうなっていたんだろうか、なんていうことも考えた。
そもそも、自衛隊に対する災害出動の要請、なんてことができるの?どこに要請する?これが地震などによる罹災で、霞ヶ関、永田町周辺が壊滅的になっていたとしたら、あるいは、新宿や市ヶ谷あたりも壊滅的だったら、内閣不在とか、都庁機能の喪失、防衛省の機能喪失になるんじゃなかろうか。その時に、「激甚災害の指定」だとか、自衛隊の出動による生活支援、復旧活動などの総指揮は、どこが取るんだろうか。そういうシミュレーションは、済んでいる?

自衛隊なんかは、防衛省が機能停止しても、各地の駐屯地が自律的に連携して、首都復旧に動けるの?支援活動の指揮や、さらにその後に続く、道路復旧なら国土交通省?学校なら文部科学省?病院なら厚生労働省?それらの中枢が罹災して、例えば、中央官庁の各庁舎が完全に使用不能になっていたとしたら、どこが復旧計画を立てて、遂行する?大阪府知事がいきなり「暫定首相」を名乗りでる、とか・・・。いや、首相を始めとする責任者が生きていたなら、どこかに「事務所」を構えればいいだけ?なのかなぁ?わからんけど。「司令塔」が機能するためには、それなりの通信設備が必要だし、なおかつ、そこに情報を集めるソフト面での二次的、三次的なネットワークが、予め規定されていなかったら、場所だけ決めていたって「司令塔」にはなり得ないだろうし。そもそも、その「場所」だって、決まっているとも思えないし。

首都が罹災しました。そうすると、中央官庁が機能しなくなって、国家としての機能も停止する?

そう言えば、首都機能を分散すべきだ、なんて言う話は、30年前から何度となく書いた記憶がある。その都度、道州制で全国をブロックに分けて、ブロックごとの自律性を高める、だとか、単なる首都移転で、東京からどこそこに首都を写すとか、色々と議論を見聞きした。機能を分散しなかったら、移転した先のどこかに激甚災害が起きたら首都機能が停止する事態は全く同じことで、機能喪失は避けられないから、「移転」というのは全く意味がない議論だと思ったけれど。

とにかく、首都機能分散は、一度は議論されたことがあったように思うけれど、最近はめっきり、この議論を聞かなくなった。僕自身もここ10年以上、忘れていた。東日本大震災があったのに。

いざという時に、中央官庁のどんな権限をどこに移譲するのか、そうしたルールとかは、決められているのかなぁ。そう言う準備がきっちり整っているから、一切議論されなくなったのならば、一安心(?)ということになるかも知れないけれども、何かのニュースとかで見聞きした記憶がない。

僕はもう、完全に折り返しているし、そんなに長いこと生きる訳じゃないから、どうでもいいっちゃ、どうでもいい話題ではあるけれども。
千葉っていう「場所」が、東京をギリギリかすめた警告のようにも思えた。もし、これが警告だったら、もう、これ以上ギリギリの警告はないんじゃないかな、という気もした。ってことは、次は本丸だろうな。

コメントを残す