大根1本70円

本当にいいのかなぁ、申し訳ないなぁ、と思いながら、買ってきた。

想定外の仕様変更。データを受け取る先のシステムで、出力仕様が変わったため、玉突き式に私が作った納入済みのソフトも仕様を変えざるを得なくなった。(しかも、出力されてるデータに漏れがあって、明らかなバグだと思う。)こちら側でリカバリをかけられる部分と、そのまま表示せざるを得ない部分が出てきて、「そのまま」の部分については、うちのバグじゃありません、と納得していただかないと・・・。(見れば明らかなんだけど。)ただ、こっち側で使うデータは、プログラムさえ書き換えれば、拾い上げられるから、機能そのものは、きっちり提供できる。

作業見積もりを連絡して、一区切りつけて、さすがに頭が疲れて、農協の直売所へ。そうしたら、楽に40cmはある、(測ってないけど、もしかしたら50cmはありそうな)大根が、ほとんど税抜き120円台とかで売られていた中で、税込70円くらいの値段で置かれていた1本を見つけた。なんでだろう、なんでだろう、って眺めていて気がついた。ちょっと、「く」の字っぽく曲がってる。それでほぼ半値?スーパーじゃない、直売所なんだから、遠慮せずに堂々と120円とか値段をつければいいのに、とか思ったんだけど。ありがたく、買わせていただきました。日本って、こういうところがあるんだよなぁ。野菜が曲がってるのは、不具合でもなんでもないと思うんだけど。

こんなん、丸々1本買ってきて、どうするのって、実は事務所でぬか漬けを始めてる。漬物にハマり始めて、ついにここまで来ちゃった。だって、自分で漬ければ、安いんだもん。それと、もう一つ。あの「ぬか」をかき混ぜる時の、感触。幼稚園の頃の泥遊びを思い出す。なんだか、「ぬか」に手を突っ込んで、かき混ぜて、中からよく漬かった大根とか、ニンジン、カブとかを取り出す時の感触がたまらん!まんま、泥遊びっぽい。コーディングの合間の、煮詰まった時の気分転換には最高です。タバコとコーヒー、よりも、ぬか漬けを取り出して、日本茶を淹れて、お茶とぬか漬けでブレイクしてから、また、コーディングを再開する。面倒なロジックの時にも、延々と続く単純作業の時にも、どっちのブレイクにも、これはいい。糠漬け好きだし、気分転換にもなるし、一石二鳥の「オモチャ」を見つけちゃった。
システム設計、プログラミングの休憩に、ぬか漬けと日本茶は、最高です!タバコとコーヒーよりも、たぶん、多少は健康にも良さそう。

泥遊びで、思い出す。この間の中学校の同窓会、「なぁ、俺のこと覚えてる?幼稚園の時から一緒だったんだで。」覚えていた。なぜか、幼稚園の頃から一緒だった子たちのことは(「子」って、みんないい歳したオッサン、オバサン、だけど)結構、すぐにわかった。空白なのは、小学校1、2年の時かなぁ。「ごめん、思い出せない。」名乗ってもらって、言われてから、あ、そう言われてみれば、っていう感じで思い出した。でも、これで幼稚園の時から、この年になるまでの記憶が、一本に繋がるかさぁ。

泥だらけで遊んでたよな。泥がついた野菜を、ちょっと水ですすいで、そのまま食べても全然気にしなかった。(今でも気にしない。女性の知人とレストランで食事した時、床に落ちたレタスの葉っぱを拾い上げたら、「良かった、食べちゃうかと思って、冷や冷やしてた。小林くんなら、食べかねない。」ニューギニアからの帰国直後でしたからね。)でも、そのシチュエーションでなければ、食べてたかも。人に食わせるために漬けてる訳じゃないから、色は綺麗じゃないけど、人参も、カブも、皮は剥かない。皮を剥けばきれいな漬物になるけれど、皮の方が栄養がありそうな気がするし、泥が落とし切れていなくたって、多少は雑菌を体に入れてた方が、健康を維持しやすい気がする。インフルエンザの予防接種を一度も受けていないけれど、もう20年間以上、もしかしたら30年近く、インフルエンザにはかかっていない、というか、風邪もほとんどこじらせてない。「衛生環境」に関する感覚が、世間とはずれてるんだろうなぁ。でも、台所のフキンとかは、定期的に煮沸している。(事務所では、の話であって、管轄が違う台所には、干渉しないけれど。)

自分で漬物を漬け始めてから、実は、微妙に体重が減り始めてきてる。絶好腸だし。

それにしても、見た目が曲がった大根が、安くなるって、本当におかしな文化だと僕は思う。安く手に入るから、ありがたいですけどね。