セレブ

7時のNHKニュース、トップニュースはどこかの会社の幹部の汚職だった。当事者が自殺したとか。5億円とか。
5億円かぁ。よくお金持ちのことをセレブとか言う。セレブリティを日本語で略したものでしたっけ?語源は確か、celebrated(神によって祝福された人)だったと思うけれども、本当にお金持ちって祝福されているんだろうか?

お金は、うまく循環させれば、多くの人の豊かな生活を実現できる。それが1カ所に偏在しているっていうことは、その分だけ貧しい人が増えている、ということで、お金を(必要以上に)たくさん持っているっていうことは、逆に言えば、それだけ多くの人の貧困の原因を作っている、という気もする。っていうことは、お金の「持ち方」次第では、金持ちであることが、神によって祝福されるべきではないことの証拠にも、なっているような気がする。

お金を循環させる立場の人は、また話が別なんだろうな、と思う。プール金がなければ、給料だって支払えないし、お金を回すことが大事。あるいは、「生活に必要」だとしたって、どんな生活かにもよるんだろうな。ぶっちゃけ、なければないなりに、結構楽しんで生活はできる。

「万一の蓄えがないと、いざ病気になったら・・・」最近思うけれど、もう、ある程度やるべきことをやって来たという実感さえ持てたなら、「この治療を受けないなら死ぬ、というのなら、死んでもいい」という、そんな気もしている。無論、積極的に医療を否定している訳じゃなく、自分の「身の丈」を超えた治療はいらない。むしろ、今回の一生を思い返して一つづつ丁寧に検証して、もし今「修正」とか「訂正」が間に合うなら一つでも、後々(次に)尾を引くような話題は片付けて、あとは、次に備えて、余計な思いは全部捨ててしまおうか、なんてことも思う。僕はそれでいい。概して、次があることを信じていない人が、肉体生命にしがみつこうとするんだろうな。肉体生命にしがみつこうとしたら、その思い自体が欲となって、汚れとなって、「次」に悪影響を及ぼす、と、自分は理解している。

それにしても、自殺はよくない。神によって祝福されない、という程度ならば、まだ「普通」には扱ってもらえると思うけれども、自殺は、神が与えた「肉体生命」を否定している、つまり神を否定している行為に匹敵する、と自分は理解している。汚職なんて、ぶっちゃけ悪いことをしても黙っている人なんて(ハラスメントがいい例だと思うけれど、自分のしていることの結果を全く自覚していない人も含めて、)いくらだっている訳で、そうした意味では、汚職だけならせいぜいゼロ査定なのに、わざわざ、無限大に近いマイナスにするなんて、浅はかだよな、と、自分は考える。「これで、終わる」とでも思って自殺するんだろうけれども、とんでもない話で、全然終わらないどころか、何百年そこでループするか、わからない。毎度、勝手にやってろ、とは思うが。(えぇと、師匠の受け売りです。)

いつ、どこの番組だったか忘れたけど、「いくら持っていたら、セレブなんでしょうかね?」なんていう話題があった。私の理解。そうですねぇ、まず、2千万円とか、せいぜい1億円とか、その辺りが閾値でしょうかね。それ以上持っていたら、まず神には祝福されないと思いますよ。それ以上持っていたら、セレブじゃないと思います。(しつこいようだが、そうしたお金を給料で支払ったり、とにかく、動かして回している方々は除きます。)

ま、貧乏人のヒガミですから、気にしないでください。

コメントを残す