東アジア

ザワつきが止まらない。飲み過ぎでしょ?そうなんだけど、どっちが原因でどっちが結果か、よくわからない。
言い訳?確かに、そうなんだけど?

昨日来、大学院の教材のプログラムがうまく動作しなかった件、この件に関しては合計7時間ほど浪費して、なんとか解決した。jQuery、jQuery-UIによるDOMの処理。

簡単に考え過ぎていた。まず、
https://stackoverflow.com/questions/57555708/rails-6-how-to-add-jquery-ui-through-webpacker
You no longer need to add javascript libraries as gems (which are managed by the bundler). Instead, you add them with yarn and they are managed by webpack (which is enabled by adding the webpacker gem to the Gemfile).
なんだそうで、yarnで設定。

そして、経緯はわからないけれども、 /config/webpack/environment.jsの
new webpack.ProvidePlugin({
$: ‘jquery’,
jQuery: ‘jquery’
})
このパスが、僕のマシンでは’jquery/src/jquery’になっていたため、どこのサイトでこれを説明していたのかも、もう忘れたが、ここでの設定を変えた、というよりも、戻した。(なぜか、一度はjQueryは動いていた。いつからおかしくなったんだか。)

それでも動かなかった。何度も試行錯誤しているうちに、jQueryの先頭の$マークが、一つだけ落ちてしまっていた。
これが決定的。きちんと書けていたはずだと思っていたから、ほとんど気にしていなかった。コメントアウトした分にはきちんと
// $(function() {
となっていたから、どこかでコピペの際に、一文字分だけ落としたんだろうと思う。

最後の3時間の浪費は、$が一つ落ちていただけの原因。果てた。メゲた。わろた。自己嫌悪。目の前にそのコードが存在しているのに、なぜ、気づかない?

昔、サラリーマン時代には、C言語で、if(); で、;セミコロン一個が、なぜか入っていただけで(不注意で、何か勢いで書いちゃったんだろうな、自分が悪い)これで、丸二日、初日は半徹夜状態で、煮詰まったことがあったっけ。日付が変わった後、出入口が不安だったので、警備を設定してから続きをやっていたら、センサーが反応したらしく、警備会社の人に駆けつけられてしまって、怒られた。「ただ単に、出入口のセンサーだけじゃなくて、中を歩いても反応するので、こういうことはやめてください。」

気分を切り替えよう。たったの3時間だ。とは思うんだけれども、実は昨日からずっと、なんだか妙な不安がつきまとっていて、落ち着かない。集中できない。不安の正体がわからない。(変な霊体さんにトラップされちゃったかさぁ。)とにかく、書いて、考えて、吐き出して、順を追って、追い詰めたい。

トリガーになったニュースはいくつかあるけれども。
香港の民主化運動?北朝鮮のミサイル発射?そんなんとは違う気がする。人間のやることなんて、所詮は限界があるから。
人間から見たウイルスの大きさは、小さい。小さいけれど無視できない存在。地球からみた人間の大きさは小さい。小さい割に、えげつない事を延々と続けている。地球さんが人類に「抗生物質」でも使い始めたら、大変なんだよなぁ、と思うけれど、この辺は、ほとんど全部が師匠の受け売り。僕の不安と関係あるか、ないか、全くわからない。

専制君主みたいな専制君主(日本語が変だな)が、昔はいた。今現在は、一応は選挙で大統領などになった途端に、専制君主化した、専制君主みたいな大統領とかが、何かと問題になっている。人権問題、人々の抑圧。地球さんの意識に関係あるか、ないか、どうなんでしょうかね。自分なりの考えはあるけど、そこは無責任になるから書かない。そして、専制君主みたいな「国体」も存在するみたいだ。

東アジアの某国と某国。「国の方針」に反対した途端に、どんな扱いを受けるか分からない。民主化と程遠い国々。次の一文は師匠の受け売り。神は「人」に、自分で判断し、自分で行動する「自由」を与えた。何が正しいか、自分で理解するまで「間違い」を犯し続ける。そのプロセスには、ある程度寛容に接して下さっているように思えるけれど、それは神の実在を信じ、神への敬虔さと恭順を示した上での「寛容さ」のように、自分は理解している。神の存在を否定しているだけではなく、神が与えた自由を剥奪している行為は、どのように受け止められているんだろうか。私自身は、ふと唐突に、すごく不安に感じた。この不安感が、もしかしたら昨日から纏わりついている「不安」の正体のような気もする。もうこれ以上、ヒトの手でどうにもならないとなれば、必ず上が動く。

イエス様とかムハンマド様、アッラー様を「神」として仰ぐなら、地球意識はその上の存在だから、地球を「神」と仰いでも不自然ではないはずだし、さらにその上には「創造主」がいらっしゃる。もし宗教がまだ「形骸化」していないなら、なんとか「拡大解釈」してもらえないもんだろうか。たぶん、教皇様のご来日も、なんだかどこかで意識に引っかかっていたのかも知れない。

次に数千人、もしかしたら数万人が犠牲となるような何かが起きるとしたら、たぶんそれは、日本じゃない気がする。この辺、師匠も何かおっしゃっていたけれども、それは書かない。再び「無責任」になるから。僕自身は、ここに書いたような、そんな気がした。それに、師匠がおっしゃっていた「何か」と「僕の不安」が同じ原因だという保証なんか、全くない。僕の不安の方は、明日財布を落としたりするだけかも知れないし。起きてみないと分からない。注意するしかないな。

過去の災害で犠牲となられた方々。肉体を抜けてから何をお考えになったんだろうか。災害死だって、その方の経験として「蓄積」されて、次以降に活かされるはずだと、自分は理解する。だとしたら、その「理解」と、滅多に経験したくない「経験」を最大に活用するためには、普段から何を考えているべきなんだろうか。せっかく「災害死」を経験しても、そこから何も「教訓」を得られなかったら、また同じ経験をできる「時」と「場所」を選ぶのが、一般的のようだから(上に戻っていらっしゃる方々が、肉体を持つ前に何をどうお考えかは、僕自身は書けない。ほとんどこうした話題は、受け売りだけれど、)災害死の経験なんて、せめて一度で済ませるのが賢明な生き方、もとい、死に方かも知れない。

正直な話、あまりこうした話題に意識を向けたくない。北朝鮮が何を言おうが、反応したくない。ああいう話題に対しては、「絶対に腹を立てるなよ」と、自分に言い聞かせている。師匠の講演会に通うようになってから、随分と「瞬間湯沸かし器」はなんとかなっているような気もするけれど、基本的な性格は全く変わっていない。加えて、一度不安に苛まれ始めると、ブレーキが効かなくなる。逆かなぁ。ブレーキを外して、一気に全部吐き出して、すっきりしたいのかも知れないし。自分でも自分のことが、よく分からん。ガキの頃から変わらない行動パターン。おかしな話題に首を突っ込んじゃった言い訳。あからさまに中国を名指しして、あれこれ書いた言い訳に、酔っぱらったふりをしたかったのかも知れないし、とりあえず、暴走しなかっただけ、よしとしよう。本当に自分でも、訳がわからん。

もう、頭の中がグチャグチャ。やっと、明日の教材の準備が終わった。本当は、土曜日の間に終わらせるつもりが、土曜日は別件の雑用とか、ずっと気になっていたことを片っ端から片付けていて、一日終わってしまった。日曜日も、少しずつ割り込みを処理しながら、結局足掛け7〜8時間の迷走。まさか、月曜日まで潰すとは、思っても見なかった。集中力も、かなりおかしい。

とにかく、ようやっと、本来の「納期」のある仕事の方に戻れる。

表題の「東アジア」は、なんででしょうかね?「人権抑圧」に「嘘」に、あれやこれやと、気になって仕方がないけれども、僕自身はもう、気にすることを止める。読み手の皆さんも、気にしないでください。

One thought on “東アジア”

コメントを残す