化石賞

毎年のように、大規模な自然災害に見舞われている。地球温暖化は関係ないのかなぁ。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191203/k10012200001000.html
石炭火力発電所「選択肢として残していきたい」梶山経産相

COP25で非難されたよなぁ。僕らの代の自然災害なんて、せいぜいこの程度で済んでる。だったら大丈夫じゃない?ってな発想か。
30年後?僕もそうだけど、梶山さんも、生きてるかなぁ。自分が死んだ後の事なんかどうでもいい、ってのが、日本の政治家だと思う。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-11-28/Q1O32IT1UM0W01
今年度補正予算、第2次安倍政権下で最大規模も-埋没する財政懸念

世界最大の公的債務残高を抱える日本の財政規律を懸念する声は、政治家の要求にかき消された格好だ。

財源は国債発行。誰が国債を償還するの?次の世代の若い人たち。

借金さえすれば、なんでもできる。1、2、3、ダァー!ってな感じか。
ノリがいいからね。借金を背負う若い人たちも安倍総理を応援してるのか?

その若い人たち。
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/sonota/nendaibetu/
衆議院議員総選挙における年代別投票率の推移

政治に興味がないらしい。つまり、結果的に、安倍政権を消極的に応援。
若い人たちに言わせれば、「よくわからないから。」僕に言わせれば、「わからないのは、考えないから。」
つまり、直接自分たちに関係がある、という因果関係すら理解しようとしていない。

注文の多い料理店。「帽子とコートと靴をお脱ぎください。」偉い人と同格に扱ってもらえるんだ。是非そうお考えください。「はい、はい」と、素直に従う。いいねぇ。

https://www.sankei.com/entertainments/news/190525/ent1905250001-n1.html
ゲーム依存の実態とは 現実逃避し、借金しても止められず

安倍さんたちは、若い人たちに借金を返してもらいたいと願い、その若い人たちの生活環境を破壊しても構わないと思っている。
ところが、その若い人たちには、「ゲーム」という最強の現実逃避の道具があるから、自己破産しても、生活保護を受けても、ゲームの世界に逃避できさえしたら生きていけるのかも知れない。現実なんて、気にしなければ、何が起きたってどぉってことない。
台風で、勤務先の工場が被災し、自宅待機になった。給料さえもらえるなら、ゲーム三昧の日々を過ごす格好の口実になる。違います?

http://www.asyura2.com/sora/bd7/msg/894.html
森首相「無党派層は寝ててくれ」「その数字は大変、大きいんですね」

「そうはいかんでしょうね」が主題だったという言い訳もあったが、その前に「寝てしまってくれれば、それでいいんですけれども」とはっきり言ってる。つまり、若い奴らは政治に参加するな、と。これが今でも自民党の本音だろうと思う。梶山発言聞いていたら、本音が筒抜け。

その一方で、日本で若者が声を上げると、グレタ・トゥーンベリさんの扱いとは一転して、こうなる。

https://www.sankei.com/premium/photos/150729/prm1507290004-p1.html
【政界徒然草】国会前デモに集まるヘイトな人々 「あなた公安でしょ?」 記者はマスク姿に詰問され…

同世代からも支持を得られなかったのかなぁ。日本はもう、フェイドアウトしてもいいんじゃない?だって、若い人たちが自分たちの未来に責任を持ちたくないんだから。文句すら言わない、文句を言う人がいても、同世代からも支持されない。みんなで渋谷に集まって、大騒ぎしてればそれでいいんじゃない?

1月は正月で 酒が飲めるぞ酒が飲める飲めるぞ 酒が飲めるぞ
2月は豆まきで 酒が飲めるぞ(後略)
ついでに言わせて貰えば、日本は24節気の国。さらについでに国際化の時代。
ハロウィーンは仮装しながら酒が飲めるぞ。大雪は雪を見ながら酒が飲めるぞ。ラグビーは燃えたから酒が飲めるぞ。啓蟄は虫を見ながら酒が飲めるぞ。パプアニューギニアの独立記念日には、おめでたいから酒が飲めるぞ。おっと、一年365日、渋谷で騒ぎながら、酒を飲む口実がありそうだ。

国会前で声を上げるなんて、自己顕示欲の強い人たちがやってるだけでしょ?

そういう若者が増えて、政治について黙っているんだったら、黙って膨らみ続ける借金を背負ってくれたら、それでいい。ジジイどもの思う壺。そうとしか言いようがない。

海外からは、随分と指摘されているんだけれどなぁ。それどころか、日本の産業界にはこんな声もあるか、と。

https://media.moneyforward.com/articles/3803?page=2
台風19号が実は日本経済“再興”のきっかけとなりうる可能性

この記事が書かれたのは10月。

今回の台風19号の到来を受けて、安倍政権が国債発行拡大を伴う財政政策が拡張方向に転じるきっかけになるでしょうか。ただ筆者は、こうした政策対応が早期に実現する可能性は低く、それは早くても2020年半ば以降になると慎重に考えています。

こんなにも早く来ちゃいましたね。ガチガチに借金を膨らませて、「日本の復興に、こんなに貢献していますよー。」と、安倍さんのアピール。
かくして、モリ・カケ・サクラも、なんのその、安倍総理は盤石の支持基盤を得るのであった。

その借金は誰が背負うの?若い人たち。
温暖化対策は?したくないと経済産業大臣。その結果、悪化した生活環境で暮らすのは誰?若い人たち。
その若い人たちは、大変な状況になったらどうするの?ゲームに没頭して、現実逃避していたら、自分だけは辛くないからそれでいい。
つまり、あれか。みんながハッピーで、めでたしめでたし。

来年あたり、台風19号よりさらに激しい自然災害に見舞われたなら、さらに20兆円くらい借金を積み増しして、復興予算を組めそうですね。今現在の経済活動は刺激されて、産業界も喜ぶだろうなぁ。借金背負う人たちは、何も考えようとしていないから、これぞ、文部科学省の「深慮遠謀」の成果。

安倍さんも、梶山さんも、子孫のことは見捨てたか。小泉さんはこれから?その割には、「爽やかなイメージ戦略」で、日本は何もしないけど、日本の若者からの受けだけはいい、その戦略の片棒を担ぐ訳だ。何か、具体策出してみたら?出せないの?麻生。もとい、あ、そう?客寄せパンダ。子供に何か誇れる仕事ができるの?
あたしゃ、子孫はいないから、考える必要がないので、とっても楽。是非皆さんもそうなったら?

台風も、是非また、さらに強力なのに来て欲しい?20兆円、30兆円の国債積み増しで、産業界は大歓迎か?それとも、日本の大企業幹部には子供のいない人が多いのかな?あ、違うか。子供なんてどうでもいい人たちだから、大企業の幹部になって、産業界の中核にいられるんだ。

地球さんもなぁ、北米も、中南米や、中国あたりも相手しなきゃならなそうだから、しばらく日本は相手にできないかも?いやぁ、パワーの桁が違うから、みんなで頼めば、きっと期待に応えてくれると思うな。