不要

今日、システム変更依頼のメールが入った。

一か所、数行にわたって「不要」と書かれていた。最初に預かったサンプル帳票には入っていた。打ち合わせの際に確認した帳票でも、コメントはなかった。そこに表示されている数字に、「例外処理」での大幅な改修が必要だったので、細かいところにチェックを入れて、ほぼ修正を終えたら、今日になって、一言、「不要」と書かれていた。

こういうのは、打ち合わせの初期段階から「ここは不要です」と言ってもらうと、それだけで2週間分くらいの仕事が削れたのに、と思う。

そもそも、人間のやってる仕事の流れなんて、結構無茶苦茶なのもあったりするから、それをそっくりシステムに入れる前に、業務の流れを徹底的に見直してもらって、それからシステム化を考えてもらうのがいちばんありがたいのだけれども。

大体、請負開発なんて、こんなもんなんですけどね。それにしても、疲れたというよりも、「ワタシハ、イツタイ、ナニヲヤツテ、イルノダ」って感じで、だんだん無感情になってきた。