ファンタジー

韓国の演劇、舞台芸術は、日本を凌駕している。らしい。
常に、観客の求める内容を満たすように、周到に、綿密に構成を組み立てる。
K-POPが日本の若者を惹きつける。新しい風も吹いている、らしい。

以前読んだ配信ニュースで、韓国のテレビドラマは、視聴者からの投稿を柔軟に反映させて、撮影直前であっても台本/脚本(すみません、違いがよくわからん)を変更し、場合によっては悲劇を喜劇に変えたり、ストーリーそのものを撮影しながらどんどんと変えていく、その「ダイナミズム」があるから、成功率が高い、という記事(斜め読みなので、記憶は不確か)を読んだ記憶がある。

サービス精神が旺盛、ともいえるし、自己達成要求に誠実、とも言えるし、必ずしも悪いことではない、ようには思える。

但し、「歴史」に関しては、それはやめてほしい。創作された歴史を信じ切っている韓国の方が、あまりにも多いみたいで、辟易している。この点に関して言いたいことは、この一言を書いただけで、それ以上何をどれほど書いたって、無駄だろうなと思うので、これ以上は書かない。

最初は、李承晩以来の軍事政権が、国民の不満を逸らすために、悪いことは全て日本のせいにしていた、のかと、思っていたら、同様の「事実の書き換え」は、日本による統治下でも起きていたらしい。僕は引用しませんが、右寄りの方々が、数多く、日韓の国会図書館だのにある「一次史料」と、韓国国内で後から記述された100年近く前の韓国の「一次史料」とを対比しながら、相当な数、ネットに上げている。ぐぐればいくらだって出てくる話題をわざわざ再掲するほど野暮じゃない。ってか、面倒臭いからやらない。

同じ気質なんだろうな、と思う。自分たちの、誰もが心地よく感じるように、物語の展開を変えさせる。歴史認識も全く同じで、「一番心地よい歴史」を絶対的な真実だと信じ切って、それを世界に吹聴する。この部分が、最も迷惑。だって、欧米の歴史家なんて、極東の「一次史料」なんてきちんと精査せずに、誰かが言ってることをそのまま教科書に書いたりする。学者なんて、そうやって適当に食えりゃいいのが商売だから、こういっちゃ悪いんだけれども、欧米の学者にだって「学問に対する誠実さ」なんて、全てが全て、期待なんかできない。そういう学者の言うことを、また、国連なんかが拾い上げたりする訳だ。トランプじゃないけど、「日本も国連を脱退したら、どうかしら」なんて、思うことも、全くない訳じゃない。

「日本が悪いんだから、何をやったって当然」だと、韓国のメディアも結構主張しているけれども、その根拠を、一次史料から自分たちで調べ直せ、と思うんだが、「一次史料」って言う歴史学上の用語の定義を、韓国の歴史学者はご存知なんだろうか。案外、知らなかったりして。学者にすら期待できない、ましてや、一般のメディアに「史実」に基づいた主張を期待する方が無理、だと思う。

改めて書くまでもなく、このページのきっかけは、これね。

慰安婦像に安倍総理が土下座?の像 製作者の真意は
https://news.yahoo.co.jp/articles/56892b9dfe338bdd3a3bbcdcf41b37a37e0bc150

管さんが、なにか発言されていた。

韓国の慰安婦に土下座像「日韓関係に決定的影響」 管官房長官
https://www.sankei.com/politics/news/200728/plt2007280010-n1.html

非難すべきだ。支持する。安倍総理はそんなに好きではないけれども、あの土下座像は許しがたい。僕も、国際常識から考えて、許されないと思う。何よりも、根拠とする「事実」が創作されたもので、「史実」からかけ離れている。それを、韓国では疑う人が一握りでしかない。

韓国社会は、「客観的事実」より「主観的快楽」を優先する社会だと断じたい。確かに、舞台芸術などでは、それは意義があるかもしれないけれども、国家間の問題や、歴史認識に関していえば、百害あって一理も無い。(または、「百害あって一利なし」)韓国はその国自体がファンタジーの世界であって、「国民的快楽、国民的カタルシス」のためには、何をしても許される、そういう社会なんだろうと思うが、井戸の中から外に出たなら、行った行為相応の「お返し」があることは、韓国社会が理解するまで、日本は世界に対して、韓国に対して、主張し、実効性のある行動を続けるべきだと思う。一日本人として、プライドに賭けて、主張したい。

日本政府は、この土下座像が「一利も無い」ことを実証する根拠にしていいと思う。