専門職公務員

学術会議会員は特別国家公務員 研究予算配分に影響力
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64645000V01C20A0PP8000/

公務員だから、公務員の人事権は総理にある、と。但し、公務員でも一般職ではなくて、専門職ではないか?専門分野の内容について、学術的に高度な判断が必要だから、日本学術会議の推薦に基づくのではなかろうか。その推薦に従わない、ということは、管総理が、日本学術会議のメンバーよりも、専門分野について高度な知識を有している、ということを、暗に語っていることになると、私は理解する。

だいたい、学問が導き出す内容なんて、普通に考えて理解できないものが少なくない。「パイ中間子は、粒子でありながら地球を貫通する」なんて言われて、「はい、そうですか」なんて、誰が簡単に言えるか?「粒子が地球を貫通する」なんていう話を、普通の人がしていたなら、「なに、こいつ馬鹿を言ってるんだ」と、普通だったら考えるだろうと思う。ところが、学問的な裏打ちのしっかりしている集団が、「この人は正しいことを言っている」と判断するからこそ、推薦される人がいるんだろうと思う。それを、素人判断で、「こんなバカなことを言ってる奴は、学術会議に相応しくない」とか言って、小柴先生とかの任命を(パイ中間子じゃなくて、ニュートリノだけど)管総理は拒めるんだろうか。もう、言ってることを鵜呑みにして、ハイハイと任命するしかないでしょうに。判断するの?

通例、学者の値踏みは学問の内容そのもので行われるべきで、その人がいつも貧乏ゆすりをするとか、そういう「素行」のようなものでは評価しない。だからこその専門職公務員なんじゃなかろうかと思う。それなのに、任命を拒んだ、っていうことは、総理がその学者以上に学問的な見識があると主張していることになると、私は思う。是非、教壇に立って、その辺のレクチャーをお願いしたいものだ。

自然科学ではなく、人文科学だから、総理にも学者以上の見識がある?そう言えば、「人文科学なんて学問じゃない」なんていう発言をどこかで聞いたこともあるけれど、それを言ったら、人文系の学者は怒るだろうなぁ。

人文科学系の場合には、自然科学のような定式化された検証が困難なものが少なくない。そうした基本的な性質があるから、客観性を担保しようとした場合には「両論併記」で、ほぼ相反するような両方の意見を含めた形で全体を構成する必要があると、私は考える。バランスを取ることによって、自然科学のような客観性の担保を行なっていると私は考える。それを、一方の考え方の人間だけを、現政権に都合が悪いからと言って排除するならば、それはむしろ、人文科学としての完全性を損なう行為で、総理が日本学術会議の推薦を断った時点で、その分野の学問的な完全性を破壊している行為になると私は考える。

なんていう指摘をしても、管総理は「総合的、俯瞰的」という返事しかしないだろうな、ってかできないだろうな。

素人が専門職の人事に口を出して、そこに「総合的、俯瞰的」という表現を使うこと自体がおこがましい。具体的な説明ができないならば、せめて、総理が任命しなかった方の帰属する学問分野について、「総合的、俯瞰的」に、その学問体系を解説するレクチャーをどこかでして欲しいものだ。

やれるもんなら、やってみろ。それができないなら、2度とこんな真似をするな。2度と口を開かずに、総理の職を全うしろ。どうせ、のらりくらりと、押し切るんだろうし。安倍みたいに。