あれこれ

色々なニュース

菅首相、推薦リスト「見てない」 会員任命で信条考慮せず―学術会議会長と面会も
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020100900705

野党が問題にすべきは、こちらじゃなかろうか。
菅総理が目にしたのは、「何者かが6名を削除したリスト」であって、その6名を削除したのが誰であったのか一切表に出てこない。

つまり、日本では総理よりも「権限」を持った人間がいて、国民の「選挙」という洗礼を浴びることもなく、総理に流す情報を加工している、ということになる。

総理自身が6名を削除する、以上に、なんだか背筋が寒くなるような事態だと思うんだが、どうしてその部分については誰も(マスコミは)騒がないんだろうか。

これ、官僚集団が総理をコントロールしていて、その事実をマスコミも知りながら、指摘すると行政機関から必要な情報を得られないから、誰も突っ込まないんだとしたら、致命的に滅茶苦茶おかしい、民主主義ではない「密室独裁政治」ではないか、という気がした。誰がこの国を牛耳っているのか、誰も知ろうとしない。

どうやら、私自身は「総合的、俯瞰的に判断して、6名の推薦を除外した。」と菅総理が発言された、と理解していたけれど、どうやら、「学術会議の会員には、総合的、俯瞰的に活動していただくために、・・・」という趣旨の発言だった、というのが、その後の議論の展開から受け止められる表現だった。(それでも、具体的な説明がないことには変わりない。)ただ、この部分には、私の誤解があったかもしれない。その点については、お詫びいたします。


トランプ「胎児の細胞」利用した新薬で保守派総スカンの危機
https://www.news-postseven.com/archives/20201011_1603424.html?DETAIL

ポストのこの記事、正確性はどの程度なんだろうか。わからん。いくつかのサイトを辿ってみた。

President Trump Received Experimental Antibody Treatment

解説:トランプ米大統領に投与、モノクローナル抗体とは
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/100600577/

ポリクローナル抗体(polyclonal antibodies)ではなくて、モノクローナル抗体(monoclonal antibodies)であったらしく、ポストの勇み足、だったのか、それとも、大統領側の誤魔化しだったのか・・・。よくわからん。

ただ、もし胎児の細胞を利用した抗体カクテルの使用だったとしたら、これでキリスト教関係の支持者の支持を、一気に失うことになるんだろうな、と思った。


余談ながら、師匠の受け売り。ヒトの意識体は、受精卵の受精後3ヶ月程度のいわゆる「安定期」になると、完全に胎児と一体化して、ヒトの意識体を宿したヒトの肉体となる。つまり、意識体の世界から見ても、受精後3ヶ月程度を経過した胎児は、完全なるヒトであって、妊娠中絶は殺人と同じ行為だ、というのが、(こういう表現を用いて誤解を生じるのは嫌だけれども、)意識体の世界の共通認識であるように、私は理解している。私が使いたくて使えなかった表現は「妊娠中絶は殺人と同じだというのが、神の思い」という表現で、確かに、今この文に書いてしまっているけれども、それは、私の理解に過ぎない、ということを申し添えます。

再び師匠の受け売り。いわゆる「水子の霊」は、まったく汚れがないから、迷ったり、誰かに祟ったりすることなどあり得ない、と私は理解している。但し、ヒトとして生まれれることなく、まだ肉体がヒトになる途中の段階で強制的に成長を止められてしまうために、中絶された胎児から抜け出した意識体は、すぐには受精卵の中に入り込む前の状態には戻れない。別の意識体によるケアが必要になるため、主に妊娠中絶した母親たちが、いずれ肉体を抜けた際には、真っ直ぐに次の段階には移れず、そうした「ヒトになれなかったヒトの意識体」をケアするための役割(赤ん坊を育てるような行為)を担うことになる、と、私は理解している。もし、そのための空間を「肉体を持った際に、こびりつけてしまった汚れを落とすための空間」いわゆる「地獄」の一種だと考えるならば、「妊娠中絶した女性は、全員が地獄に行く」という表現もできる、と、私は理解している。

私は、トランプは好きではないし、トランプを指示するキリスト教系の団体についても、「短絡的すぎるだろう」という認識は持っているけれども、妊娠中絶を頑なに認めまいとする姿勢は、意識体の世界の認識に合致していると、私は理解している。

こういう、トランプを応援するようなことは書きたくなかったけれども、また、リベラル派の女性を敵に回すようなことは書きたくはなかったけれども、私自身にとっては、トランプがどうこうよりも、上がどういう意識、思いを持たれているか、の方が重要に思えたので、蛇足として書いてみた。

以上