地下水系

道路陥没 地下深くでトンネル工事 因果関係不明 原因調査へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201019/k10012670771000.html

地面の下にも川がある。地下水系。しかも、地表水と違って、立体的に流れている。

水が、地上の荷重を支えることがある。行動成長期、昭和40年代だったか、東京の下町で工場用水として地下水を汲み上げすぎて、周辺が数メートルの地盤沈下を起こしたことがあった。
(グーグル検索省略/私の記憶に頼ってます。間違っていたら、ごめんなさい)

逆に、その反省から地下水の組み上げをやめた結果として、東京駅の地下ホーム、総武線快速のホームでは、地下水がレールを押し上げたり、壁面から漏水したり、なんていうトラブルが起きたことがあった。
(グーグル検索省略/私の記憶に頼ってます。間違っていたり不正確だったら、ごめんなさい、以下同様。)

この地下水系は、福島の原発の、おそらくは格納容器のクラックから流入しているのか、汚染水がなんだか、ものすごい数のタンクになって、冷凍土の壁を作るなんていう話が失敗したんでしょ?増え続けている。流入を止めたらいいのに、そもそもが、地下水系を考えずに、見えているものだけを信じて、あんな危険なものを作ったと僕は思う。難しく考える必要はない、地下水系の立体地図を作って、流入する地下水を組み上げたら、かなり状況は改善する話だと思うんだが。ゼロとは言わない。冷凍壁があれば、全体の流入を減らしただけで、完全な壁が作れるだろうに。そんなことも思う。

この地下水系は、地震などでどこかの岩盤などにクラックが生じれば、簡単に流れを変える。
源泉が無限に供給されると思ったら、大きな間違いだと思う。これはググった。

温泉偽装問題
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E6%B3%89%E5%81%BD%E8%A3%85%E5%95%8F%E9%A1%8C
地下の状態が変化すれば、当然源泉の性質だって変わる。出なくなることだってあるだろうし。本当なら、地震の都度、源泉の泉質を改定すべきなんだろう。

こういう、目に見えないモノを体系的に扱おうとするのが学問なんだろうと思うけれども、日本では学問よりも政治の方が格が上らしいから、問題点をいくら指摘したって握り潰されるか、政府に提言するはずの組織からはじき出されるか。せっかく、学問が人の生活に直結するところで役に立つはずの機会を、政治の都合だけで奪われる。なんて、文句言ったって、どーせ何も変わらない。

大深度地下だから、地表付近には影響ないと思われた、って、その報道に、嘘でしょ、と思った。
そもそも、水なんて、ほんの数ミリメートルのクラックができただけだって、時間の経過で大空洞を作ると思う。不自然な振動、荷重分散の変化(水そのものが荷重を支えている)、などなど、下に変化が起きたら、簡単に上に影響すると思う。

あれですね、土木工学系の学会と、地質学とで、一切のリンケージがない、ってことか。これは、学問の側の不備なんだろうな。学際的な議論の場が、たぶん、全く用意されてないし、誰も用意する気がない。だって、土木にとっては地質学の突っ込みなんて、邪魔なんだろうし、(あれ、地下に活断層があったって、原子炉は安全っていう議論。あれは、地質学vs原子力工学か?)学問分野全体の整合性、なんてのは、あんまり聞いたことがない。

そういう意味でいうと、臨床工学は、かなり学際的、なのかなぁ。電気工学/電子工学/コンピュータ/応用化学/機械工学/生理学/解剖学/臨床医学/関連法規/公衆衛生学、もう、どれだけあるのかってくらい、関係してる。おかげで、この分野には長いもんで、医学系の話題ですら、相当に突っ込んだ議論になっても、そこそこついていける。

地下水系については、そういう「必要性」がなかったんかなぁ。原子炉の汚染水、地盤崩落、あれやこれや起きても、「本質的なところ」に踏み込んでの知識を持ち寄る習慣がない?自分とこの学問分野で閉じていた方が楽だし。ってか、「これこそ、行政の判断だ!」って言って、頭ごなしに学術的な判断を潰せる、政治体制ってのが確立されている日本だから、そもそもが、問題が起きたって、考える必要が何もないのかも。決して責任を取ることのない、行政担当者が、学問も、政治も押し切って、国を動かす。自分たちは絶対に表に出ず、責任も取らない。自民党なんて、それを容認。アホくさ。

あ、偉そうなことは言いません。電気系の学者から質問されると、医学用語を持ち出して、煙に巻いて、反論を封じる。逆に、医学系の学者から突っ込まれると、電気回路だの、コンピュータだのの用語を持ち出して、適当にまくしたてて、相手の発言を封じる。もう30年も昔、こういうやり方をよくやってた気がした。
「お前に、偉そうなことを何か書く資格があるのか!」なんて言われたら、「あ、ありません、ごめんなさい」と黙るしかないんかも。

なので、以下、沈黙