劣化

http://j.people.com.cn/n3/2020/1204/c94474-9796051.html
習近平総書記「我々は新時代の貧困脱却目標を予定通り達成した」

かつての中国人は、確かにGDPなどは低水準でも、文化を重んじ、他者を尊重し、人として尊敬に値する言動の少ない方々だったと思う。追憶の中にのみ存在する人々。

https://news.yahoo.co.jp/articles/67e975c638606b5f23f411d03b18f0e12cce390a?page=4
中国はわずか14年で夫婦喧嘩殺人を衆人で傍観する社会に変貌した

今は、人が人を殺すのを平然と傍観する人たちの集団に変容した。

https://forbesjapan.com/articles/detail/19047
「イスラム国」戦闘員が使用の武器、ほぼ半数が中国製

加えて、誰かが誰かを殺すのを手助けし、それで金儲けをしている。ちなみに、中国はイスラム国に対する有志連合には、いかなる形でも参加していない。それもそうだろうな。イスラム国に武器を流して(より正確には、バレても言い訳できるように、イスラム国に流れることを承知で、迂回先に武器を売却して)いたんだから、掃討作戦に参加する訳がない。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57624
まるで巨大な赤ん坊…中国人が北欧で起こした「外交問題級わがまま」

平気で嘘をつき、騒げば自分の思い通りになると思っている。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/12/post-95114.php
オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

日本人は、海外に出て行っても、現地の文化、元々その土地に住んでいた方々を尊重する。これは、JICAでも日本企業でも同じことが言えると(100%とは言わないが、90%以上は間違いない)と思う。違うなぁ。自分たちの都合しか考えず、他者に対するリスペクトというものを持ちうるだけの精神性が欠落した民族なのか。

敬意を表すべき文化的な資産を持っていた国家、国民性があったのに、もはや片鱗も残っていないのか。
これほど短期間に、数億人の人間を(退化ではなく)劣化させるというのは、どんな政治土壌があるんだろうか。

いや、十数億人ではなく数億人と書いた理由は単純で、トランプのアメリカを見ているから。

半数近い人たちがトランプを支持した。思うところはあるけれど、ノーコメント。ただ、それでも、残りの半数は、トランプを選ばなかった。理性を持った人たちは、どれほど社会が劣化しても、必ず存在するんだなぁ、という希望を見出そうと、必死。
ということは、だ。これほど劣化が進んだ中華人民共和国であっても、まともな方々、人間的に尊敬できる方々も、一定数は残っているに違いない、と思った。だから、数億人と書いた。(でも、そうした方々は、おそらく迫害されている。)

これも、後世の「世界史」で語り継がれる「事象」だろうなぁ。民族浄化(ethnic clensing)ならぬ、民族劣化=Ethnic Degradation


「人としての尊厳」という言葉が、どうしても思い浮かんでしまう。

僕が青年海外協力隊で、「任地」として割り振られたのは、パプアニューギニアだった。ちなみに、第一希望はガーナ、第二希望はヨルダン、でしたけどね。

でも、良かったと思うのは、パプアニューギニアの人たちは、人の人としての尊厳をとても大切にする人たちだった、ということだと思う。隣接するインドネシアのイリアン・ジャヤ。インドネシア政府は、イリアン・ジャヤのパプア族を見下していると、当時、感じた。ただ、それでも、イリアン・ジャヤのネイティブは、パプアニューギニアと同じく、人としての尊厳を大切にしていたと思う。

比べて、中国。自国民ですら、人としての尊厳を一切認めようとしない、それどころか、中国国外に出ても、「尊厳」などとは無縁の素行を繰り返す。これほど劣った人たちはいない、と思えてならない。

中国政府や中国人と中国企業が、他国や、他国民の尊厳を認めないのならば、世界中で、中国人の尊厳を無視しても構わない、ということなんだろうな、と、結論している。