楽天的采配

東京都が4桁の新規感染者数を数える、その隣の山梨県が、今日は一桁。この違い。
何か、山梨県は「特別なことをしたんじゃないか」と、なぜ、考えないんだろうか。マスコミも、まったく触れない。誰も評価していないのかなぁ。

根拠のない予測を書く。東京都の4桁の「新規感染者数」は、どんなに楽観的に見ても、(瞬間的に3桁に振れることがあっても)4月下旬頃までは続くと思う。一方で、山梨県は、余程油断しない限り3桁に届くことなく、もしかしたら3月下旬から4月にかけて、何日かゼロ行進が続いたりするかも知れない。隣接している自治体で、なぜ、これほどの違いが出るのか(まだ出ていないけど)考えてみたり、真似してみたりする気はないんだろうか。

昨年の3月4月頃に、少なくない感染症の専門家が、コロナ禍は最低でも今後数年は続くと予測されていた。私もそう感じた。つまり、「感染源がそこかしこに存在していても、経済活動だけは持続させる」ような施策が何よりも大事だったと思うし、今後もそうだと思う。そのやり方は「正しく恐れる」という一言に尽きる。必要な対策を行なって、経済活動の制約を必要最小限度に留める。山梨県の場合、「指導に従わない」場合は、「指導に従っていないランクの飲食店だ」とランク分けするだけで、あとは、店を訪れる客の判断に任せているんじゃないかと推察する。人口あたりに換算して、とか、人口密度が違うとか、その辺の事情を勘案しても、この4桁と1桁の違いが出た、と、私は考える。色々と修正項を加えても、それでも10倍以上違っていると感じる。

政府の施策の、そしておそらくWHOも同じ「楽観的期待」に流されている気がするけれど、その考え方の最大の欠陥は、「ワクチンさえ広まれば、コロナ禍を押さえ込める」と信じている点だろうか。根拠は示さないけれど、ワクチン接種が、現実的に可能な上限で実施されたとしても、何もしなかった場合に100だった感染拡大を30〜40程度に押し下げる程度の効果しか持たない。(根拠がないなら何も書くな、ということなら、32年前に遡って盗聴・盗撮をやめて欲しかった。未だに、メンタル的には引きずってる。それに今はブログだ。嫌なら読むな。)話を戻して。
つまり、「ワクチンさえあれば、全てがうまくいく」という楽観的な期待だけに寄り添って、政策を決めている。きめ細かい、個別の「感染防止策指導」など、発想すらしていないんだろう。政府のやり方は、地道に働かずに宝くじを買うことばかりに終始しているように見えてならない。

ウィズコロナだという認識さえあったなら、「営業自粛」ではなく、「きちんと対策をしている店には、皆さん、安心して足を運びましょう」という流れを作り、経済への影響を最低限に抑えられたはずなのに、「ワクチンさえあれば」というアタマしかないから、地道な対策など何もしないで「営業自粛」とか罰則とか。いえね、私も「罰則規定が必要か」とは書いたけれど、ベクトル が違いすぎる。「きちんと対策をしている店」を増やそうともしないし、そもそもそれ以前に、誰が感染しているかを把握するためのPCR検査拡充すら重視しない。最悪の底が抜けた気がする。「コロナに打ち勝った証としてオリンピックを!」宝くじ目当ての希望的観測は、いい加減にやめて欲しい。

2月に入って、「家庭内感染」に次いで、職場などへのクラスターが目立つようになると思う。もし、ここでも「感染症対策が十分なオフィスでは、普通にビジネスを継続してください」という流れを作れずに、「ビジネス関係者も、オフィスへの出勤をやめて家に篭ってください」と主張を続けたなら、この国の経済を潰すつもりかと言いたい。それじゃぁ、あれか?飲食業に「夜8時以後は営業自粛してください。掟を破ったら、罰則!」みたいに、「夜8時以後も仕事を続けているオフィスは、罰則!」ってなるのか?さらに、日中も含めた「営業自粛」を、全ビジネスに徹底するのか?市中感染拡大ってのは、そういうことだと思うんだが。
感染の数字が収まるまで?とりあえず、夏の間だけは下火になるとして、5月頃まで経済活動を全面停止する気か?それも、毎年。

山梨の例は、飲食業という一番リスクの高いグループの一角に、対策を取った。無論、おそらく山梨でもオフィスなどでのクラスターが(特に、東京との間の人の移動に関連して)いくつか出るだろうと思うけれど、リスクの高い順に対策を取っていけば、相当に感染拡大を抑えられるという「実例」になれる可能性が大きいと思う。(油断さえしなければ・・・)ウィズコロナで、経済活動/社会生活を持続し続けようとしたら、営業継続のために、どうすべてのビジネスの場面で感染症対策を取るか、これしかないだろうと思う。政府の立場なら、「どう対策を取らせるか」そちらでしょうが。きめ細かさがない。大雑把に「営業自粛」って、それが下手すりゃ一年の半分以上が「経済活動停止」になるっていう「想定」もして欲しい。

「ワクチンさえあれば、コロナは消える。経済活動を全面停止させても、コロナがなくなったなら、元に戻せる。だから、細かい対策をするのではなく、とにかく経済活動停止だ」と考えているのなら、最低でも2年、長ければ10年くらいの「経済活動停止」になる、と私は思う。「具体的指導を何もしない」ならば、中途半端に「営業自粛」をしただけで「全面的な経済活動停止」ならば、間違いなく感染症拡大の数字は小さくできると思う。今、思い切って全面的な営業を停止させた方が、マクロに見て影響は抑えられると思うし、その間に「感染拡大の防止措置」をあちこちで取れるとも思う。

ただ、国にはもう、期待できないかさあ。せめて、県単位でできる施策をして欲しい気がする。これで、東京では一般のビジネスまで実質「出社禁止」になっているのに、飲食業ですら通常営業が可能な県が出てきて、それが数年続いたら、相当に地方の振興につながるとも思うし、せめて、何かこう、これ一つくらいポジティブな予測をしていると思いたい。対策さえ万全なら、案外、このコロナ禍で、移住者を増やす県なども出て来たりして。住民全員のPCR検査(唾液の収集か?)をやったのは、広島でしたっけ。

なんだか、コロナ関連で書けることは一つ残らず絞り出そう、みたいなテンションが一気に萎えた。別に「意識を向ける」だけの話だけど、その分仕事に意識が向かなければ、個人的には書き続けたって、デメリットの方が多すぎるし。萎えた。もう、何か意識が「降って」来ても、もう、何も書かないと思う。仕事第一。

頑張って、オリンピック、やってください。たまにはテレビでみると思います。
ただ、さすがに、無観客ならともかく、無選手の開催だと、何も見ないかも知れないけど。