秒進分歩

4月になった。学校が始まる。

仕事の納期もあるけれども、授業はサボれないし、授業教材をどうするか・・・昨年度と、その前の年は、Ubuntu 18.04 LTSをインストールしてもらった。今年はなぁ、さすがに、Ubuntu 20.04 LTSが出て、もう1年。切り替えるしかないんだろうなぁ。

で、おんなじ授業教材を使おうとすると、だいたい途中で「それは昔のやり方です。今はこうです。」的な話が出て来て、途中からごっそり書き直し。ほぼ毎年だもんなぁ。

Ruby on Railsの教材で、2回ほど経験したのは、1週間くらい前に教材を作成し「最新版」のダウンロードで手順を書いていたところが、その1週間の間にマイナーバージョンが一つ上がり、gemの構成が微妙に変わり、手順通りに作業するとエラーが出るため、授業中に「先生、エラーがでます」と・・・💦勘弁してくれ。

その点LTSは安心。

うっかりしていた。仕事の納期もかなりギリギリだけど、授業をすっぽかす訳にはいかないし・・・。

昨年の教材が、マイナーな書き直しで済みますように。🙏
あ゛〜も〜、いやだ〜〜。つかれたよ〜〜